袖すり合うも多生の縁

柳生家のカクンとしても有名な言葉です

小才は縁に逢って縁に気づかず、
才は縁に逢って縁を活かさず、
大才は袖触れ合う他生の縁もこれを活かす
昨日は、久しぶりに会長と一緒に外回りをして
非常にご縁に恵まれた1日でした
途中行く先々で、偶然にもお知り合いの方に巡りあい

「お〜〜!どうもどうも(^^)」

と言った感じで

素敵な1日でした
たまたまお邪魔したラーメン屋さんでは
こんな偶然のラスト・デイ
暖簾をくぐるやいなや
親戚のお嬢様がおいでになりました
また、偶然にも
ただいま訪問中の、振袖の親御さんまで

驚きましたね〜〜

細麺のあっさり系で

非常に良い感じでした
帰りしな、お店の奥様に
「先ほどのFさんのお父さんは、よくコチラにお見えになるんですか?」
と尋ねた所

「私の主人です」

との事!

いやはや、世の中は広いけど

世間様は狭いんだな〜って

思ってしまいました

袖すり合うも多生の縁

ご縁に生かされていると痛感する

まもなく厄明けの名物専務です

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
http://mag.kimonokinenbi.com/2018/06/11/611/
主に着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。ブログは2008年からスタートしており、合計4000記事超えで毎日更新中。ココ2年ほどは、ようやくまともな着物屋さんのブログになってきました。
趣味である音楽やDJ・は、!stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。また読書も好きで、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitter・Youtubeも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です