白か黒か

今日のブログはちょっと長くて
なおかつ、自分自身の

非常に面倒な人間性について書いています。
概ね自分の備忘録のような感じなので
スルーして頂いて結構です。
さて今日の備忘録は
「白か黒か」

という話です。

誰しもですが
自分の人生の中で

この人と出逢ったからこそ、こうなった!

と思える人に出会う回数は
そんなに度々沢山あるもんではないですが
きっと誰しもそういう人が
最低数人はいると思います。
私も今までお陰様で
10名ほど、人生の岐路と思える方に
ご縁頂きました
その都度に
色んな事を感じながら
自分の意思というももの
変化を感じ取って来たわけです
わたしの岐路の中で
19歳の岐路にて出逢ったのがこの相棒です
こちらの相棒CUZSICK(カズシック)と
わたくしDJ FUSE(ディージェイフューズ)は
仙台で出逢い活動をはじめました
http://seaquence.jp/
その相棒は、僕にいろんな刺激を沢山くれた
間違いのない人生の岐路を作ってくれた相棒です
一緒に音楽を通して
仙台で誰もやっていないようなことをブチ上げた
最高の相棒との学生〜社会人での、音楽人生
1991年ころからの出逢いで
本当にこの相棒からは、色んな事を学ばせてもらいました
自分のやりたいことへ向かう時
自分がどうあるべきか
自分の戦略は
自分の戦術は
という手段的なことでない
もっとおっきな
なんでやるのか?
どうやって、切り込むか?
この2つが、抜きん出てスゴイ相棒です
やると決めたら、いちもくさん!!
てっぺんめがけて、えっさらほい!
とにかく、突破力が飛び抜けてました
いまでも、かっこいい実業家です
その相棒に言われたアドバイスがいくつかありますが
ちょうど今の僕は
そのアドバイスの中の一つを
かみしめている所です
FUSEはさぁ、白か黒か、どっちかだよね。グレーがない。
それって、ちょっと不器用すぎるなぁ。
まだ詳しいことは言えないんですが
今自分自身の現状に、この言葉が重くのしかかっています
人生とは旅であるという言葉がありますが
厄年も終わったので、良い人生の旅にシフトする
とてもいいタイミングなんだと思います
そして、改めて相棒の言葉を
かみしめている所です

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
http://mag.kimonokinenbi.com/2018/06/11/611/
主に着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。ブログは2008年からスタートしており、合計4000記事超えで毎日更新中。ココ2年ほどは、ようやくまともな着物屋さんのブログになってきました。
趣味である音楽やDJ・は、!stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。また読書も好きで、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitter・Youtubeも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です