山形新聞さんに掲載されました

弊店の会長が支部長を務めますNPO法人「和装教育国民推進会議」が
先日東根市の神町中学校にて


「ゆかたの着付指導」

をさせて頂き、その模様が山形新聞に掲載されました

コチラの活動は10年前から業界全体で取り組んで
中学校の家庭科の時間に、きつけの授業をカリキュラムとして
取り組んで頂けるよう働きかけてきました

山形県内でも、毎年そちらこちらで開催されておりまして
支部を預かる代表としても、嬉しく思っているようです。

ゆかたの着付を学びたい
ゆかたに触れてみたい

という学生が、沢山増えることを
心から望んでおります。

という事で、こういう記事になっていたわけですが

「わ〜!嬉しい!じゃぁ、写真とって、SNSにアップ!!」

というわけには行きません。
でも、僕は写真をアップしています。

その為に踏まなくてはいけない手順を
踏まなくてはいけません。

今日は、そちらをお伝え致します。

①新聞社に電話して「転載使用申請書」を貰います
会社に電話すれば、すぐもらえます

②「転載使用申請書」に記入して、新聞社に返送します
僕は忘れると悪いので、すぐ返送します

③新聞社から許可が降りて、使用可能になります。
昨日の夕方送り、今朝程、許可を頂きました

通常の場合はこれでいいのですが
今回は記事の特性上、神町中学校さんの許可が必要になりました。
生徒さんの顔写真が写っているからです。

という事で
④学校からも転載使用許可をもらう

これで、この写真を掲載することを許されるわけです。


例えば自分が掲載された記事とかであれば
比較的容易にアップできるのですが
そこに文章や、他の人も掲載されているとすると
いつもよりも一手間増えるようですね。

皆さんも、新聞の記事を写真撮りしてアップする際は
こんなことが有るんだね〜と、ご存知頂ければ幸いです。