今さら聞けない!男の着物選びの決定版!!

おはようございます
毎度ご覧頂きまして本当にありがとうございます
布施弥七京染店の布施 将英です
さて本日は、なかなかきもの屋さんが教えない!!
自分の好みの男の着物を選ぶ方法!

というお題目で書いてみようと思います
若干業界批判の要素もあるかもしれないので
同業者の方は、お読みにならないで下さい(笑・汗)
さて、やしち屋山交ビル店には
普通のきもの屋さんにはない
男の着物コーナーがございます

弊店会長から名物専務まで
随分ときものを着る機会が多くあり
好きが講じて品揃え

といった所でしょうかね(笑)
とにかく、在庫の商品でいつでもご覧いただけます。

でも、男の着物って、
派手なものはないんですよね〜
どっちか言うと、地味なのばっかし

だからこそ裏地が派手になったり
女子にはない、珍しい長襦袢があったりとなるわけです

「でも、ちょっと賑やかな男モノ欲しいな〜〜」

というお客様も少なからずお出でです
そんな場合は、コレ!
女性用の反物で男モノを作る(^^)
コレに限ります!
実際僕自身のゆかたは、半分はそういう反物です

こういう江戸小紋で作るのもいいですけど

まるっきりの女物で作ると、カッコいいのが出来ますよ(^^)
最初の写真の、一番手前の青も、実は女性物

こんな感じの反物で
男性物を作ると、良い感じなわけですよ!!
他にも、こんな感じので
男性物を作ったら、カッコいいでしょうね〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全部男性用の反物でなく
UNISEXモノといった所でしょうかね( ^_^)/~~~
カッコいい反物です(^^)
男物がほしい時には、是非お声がけください(^^)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お電話でお問い合わせしたい方はコチラから
布施弥七京染店
☎023-622-6317
やしち屋山交ビル店
☎023-665-4873
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形で一番思い出に残るきもの記念日をお届けするきもの専門店
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店  山形市香澄町3-2-1   023-665-4873
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
布施弥七京染店
〒990-2495 山形市若葉町4-6 023-622-6317
名物専務 布施 将英
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#着物 #山形 #呉服 #布施弥七京染店 #着付 #名物専務
#振袖 #撮影会 #思いで作り #袋帯 #記念写真

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
http://mag.kimonokinenbi.com/2018/06/11/611/
主に着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。ブログは2008年からスタートしており、合計4000記事超えで毎日更新中。ココ2年ほどは、ようやくまともな着物屋さんのブログになってきました。
趣味である音楽やDJ・は、!stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。また読書も好きで、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitter・Youtubeも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です