労働人口の減少と、着物業界について

いよいよ3月を迎えて、入卒のシーズンが到来しました。
この4月から新しい岐路に経つ方もおいでかと思います。

そして、大学四年生は、いよいよ就職活動なるものを始める時期ですね
かくいう我々の業界の求人というものは、一定数出ておりますが
いやはやなかなか、就業者が少ない次第です
今日はちょっと、この件について書いてみようと思います

労働人口の現象と斜陽産業

きもの屋さんのマーケットというのは
昭和56年をピークにして、減少の一途を辿っております

20160129194830

ピーク時の1/6ということですが
今ある3000億円のマーケットのうちに振袖需要も含まれており、
一般的な着物の需要は2000億円とも言われております。

そして、人口分布図

スクリーンショット 2016-02-17 11.54.58

少子化が叫ばれてしばらくなりますが
人が少なくなるということは、働く人も少なくなるということです

今や求人倍率が1.3倍になっているご時世
花型産業や人気の業種では、労働人口の確保はしやすいですが
斜陽産業などでは、新しい求人という

「安定的な和の確保」

が、難しい現状です
では、なぜでしょう?

ちょっと、分析してみましょう

きものやさんって、一体何が仕事なの??

きもの屋さんに務めたい、新しい求人が少ない理由を
ちょっと改めて考えてみたいと思います
IMG_1118

  1. きものやさん自体、何が仕事だか、わかりづらい
  2. きもの自体、着ている人を見ていない
  3. 業界の明るい未来が見えない
  4. 営業職をしたくない
  5. 土日休みたい
  6. 販売接客が、したくない
  7. 興味が無い

などなど、といった所でしょうか。。。
上げていけばキリがありませんが

一番の理由は
きものやさんの仕事は、何だかわかりづらい

womanpose4

という事ではないでしょうか。

専門性の高い仕事というのは
一人前になるまでに10年かかると言われます
呉服販売も、それに近いものがあって
やはり興味や志がない場合は

「きもの屋さんで働こう!」

とは、なりづらい傾向にあると思います。

そんな中で、こんな言葉をもらいました

サービス業は、確かに大変ですね。採用もマーケティングと一緒で、お客さん(働く人)はどの会社で働いてもいい中で、「その会社で働かなければいけない理由」を見つけ出す・なければつくる・伝える・露出する・見せ方を編集するなどが必要です。

なるほどという気持ちが半分

あとは自分の力不足だと思うのが半分です

はい。。。力不足です。。。

どういう力不足か。。。。

あなたの会社で働きたい

一言で言えば、斜陽産業の魅力は薄いです
これは、現実です
変えようもありません
そして、現実は正解なのです

でも、産業に魅力がなくても

店に

スクリーンショット 2016-01-12 15.20.27

のれんに

japan-65380_1280

そして何より

経営者の魅力

スクリーンショット 2016-01-10 19.00.00
があって

あなたの店で、働きたい

と思って頂ける志望動機が
最良だと思っております

では

あなたの店で、働きたい

と、思っていただくには???

これは、おいおい書いていこうと思います

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形で一番思い出に残るきもの記念日をお届けするきもの専門店
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
布施弥七京染店
〒990-2495 山形市若葉町4-6 023-622-6317
布施弥七京染店フェイスブックページはコチラ
布施弥七京染店ツイッターはコチラから
布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#振袖 #成人式 #ゆかた #呉服 #着物 #着付

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
http://mag.kimonokinenbi.com/2018/06/11/611/
主に着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。ブログは2008年からスタートしており、合計4000記事超えで毎日更新中。ココ2年ほどは、ようやくまともな着物屋さんのブログになってきました。
趣味である音楽やDJ・は、!stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。また読書も好きで、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitter・Youtubeも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です