今日の心がけ◆食物への感謝を深めましょう

着物を通して素敵な思い出作りをお手伝い。
布施弥七の名物専務 布施 将英(@fuseyashichi)がお送りする
職場の教養をご紹介するブログ記事です。

今日は5月3日 建国記念の日です

古き伝統を知る

今日の心がけ◆食物への感謝を深めましょう

伊勢神宮の外宮にある御饌殿では、

「日別朝夕大御饌祭」という神事が、

毎日行なわれています。

これは朝と夕の2度、

御飯、

御水、

御塩などを天照大御神に奉り、

「国安かれ、民安かれ」

との祈りと感謝を捧げるお祭りです。

外宮の御鎮座以来、

約1500年間、

毎日欠かすことなく続けられています。

日本には、

古代から、

食べ物を尊重する精神がありました。

特に、

主食である米を実らせる稲は、

五穀の代表として神聖視され、

「瑞穂」「高千穂」などと尊ばれてきました。

今日も体を動かして、

仕事ができるのは、

何かを食べているからです。

食物は生命の元です。

先人たちが築いてきた伝統に倣って、

食べ物を尊んで扱うことは、

現代を生きる私たちにも大切でしょう。

「いただきます」「ご馳走さま」という言葉と共に、

自然の恵みを深く意識しましょう。

その心は、

日々の働きを実り豊かにすることにもつながります。

一般社団法人倫理研究所発行「職場の教養 5月号」5月3日より

http://www.rinri-jpn.or.jp

外国に比べ日本は「感謝」の文化が、
根底に強くあると思っています

最近やしち屋に、外国人の方が多くお見えになります
ここ山形でも国際色豊かになってきたなぁと
感じています

そして、日本の着物という文化を改めて見直すのですが
この文化の歴史というのは、長い歴史で形成されました

その歴史の根底に、感謝の文化が色濃く根付いていると思います
他国にないくらい、非常に色濃く。

そこが非常な日本らしさでもあると思うのですが
親、祖先、家族、そして衣食住に感謝して
今日も元気に参りたいと思います

rose-572757_960_720

 という事で、今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残るきもの記念日をお届けするきもの専門店
= = = = = = = = = = = = = = = = = =
布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#振袖 #成人式 #ゆかた #呉服 #着物 #着付

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です