今日の心がけ◆お客様と誠実に向き合いましょう

着物を通して素敵な思い出作りをお手伝い。
布施弥七の名物専務 布施 将英(@fuseyashichi)がお送りする
職場の教養をご紹介するブログ記事です。

今日は5月17日 火曜日です

どんな心で対応しているか

今日の心がけ◆お客様と誠実に向き合いましょう

Bさんが行く車の販売店では、

来店者に

「どんな御用ですか」

と声をかけます。

Bさんは、

この言葉をあまり好ましく思っていませんでした。

「今日は何しに来た?」

というように聞こえてしまうからです。

加えて、

接客態度にも、

どことなく冷たさを感じていました。

しかし、

整備の担当者だけは、

小さい部品の注文でも快く受け、

気持ちよく対応してくれます。

それからBさんと、

その担当者との付き合いが始まりました。

ある時、

その店に電話すると、

整備の担当者が他店へ移ったことを聞きました。

そこはBさんの住まいからは離れたところでしたが、

訪ねていくと、

いつも通り丁寧に、

誠実に対応してくれたのです。

その後、

Bさんは

〈車を買い換えるなら彼から買いたい〉

と思うようになり、

実際に、

担当者の働く店で新車を購入したのです。

お客様は、

店ではなく、

人につくものだといわれます。

どのような心でお客様に応対しているかは、

言葉や態度を通して、

相手に伝わるものです。

一般社団法人倫理研究所発行「職場の教養 5月号」5月17日より

http://www.rinri-jpn.or.jp

お客様はものを買うんじゃない
人を買うんだよね

ヒューマンビジネスという言葉があります
単価の高いものは、決定的にここが大事になります

お客様はものを買っているんじゃない
人を買ってから、ものにたどり着くんだよね

口のきき方一つでも
お客様をなくしてしまうんです

逆に、お客様を生かす口のきき方もあります
ここを教えるには、経験が必要なわけですが
上手にここを、店の文化として
教えていけるといいなぁと思います

youth-570881_960_720

 という事で、今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残るきもの記念日をお届けするきもの専門店
= = = = = = = = = = = = = = = = = =
布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#振袖 #成人式 #ゆかた #呉服 #着物 #着付

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
http://mag.kimonokinenbi.com/2018/06/11/611/
主に着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。ブログは2008年からスタートしており、合計4000記事超えで毎日更新中。ココ2年ほどは、ようやくまともな着物屋さんのブログになってきました。
趣味である音楽やDJ・は、!stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。また読書も好きで、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitter・Youtubeも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です