集客のイベントなのに、集客できてい無い!?え!!そんな馬鹿な!!汗・笑

着物を通して素敵な思い出作りをお手伝い。
きもの・音楽・読書・温泉・ラーメン
そして何よりも人様とのご縁が大好きな
布施弥七の名物専務 布施 将英(@fuseyashichi)です。

今日のブログも、中小零細企業関係の方しかお読み頂けません。
大きなお店の方は、残念ながらコチラでお戻り下さいませ

さて、今日のブログは

先日も書きました売上作りをする集客をどうするか?
スクリーンショット 2016-05-26 22.12.10
という記事です。
という事で、此処から先は、
中小零細企業の方限定の記事ですのであしからず

売上を作るために集客をするには、
どうしたら良いかというまとめ

どんな組織でもそうですが
必要な粗利益額を作り出すために
打ち上げを作る必要があります

兎にも角にも売上を作る事が重要です
売上額=買い上げ客数×買い上げ単価ですから
まずは、お客さんを集めないといけないわけです

そのために

集客するためにどうするかが大きな課題です

その為には、2つしかありません

1つめ お金をかける
2つめ 地道に汗をかく
大きい企業は1つめの方法を
中小零細企業で、2つめを選んだ方のために

 

お金をかけずに汗をかく集客の方法は
「出す・繋がる・楽しむ!!」

というまとめでした
個人的にも、非常に明快だったと
自画自賛しておりましたが
想像以上にアクセス数が上がりませんでした汗(笑)

そして全開の記事の最後には
===========================

そうそう、ちょうどいいセミナーがあります
ぜひご参加下さい

13173029_10153416528361338_811866442708070334_o
日時: 6月1日(水) 13:30~17:00
(13時開場)
会場:しゃぶしゃぶ温野菜 山形駅前店
山形市十日町1-1-35 リモージュ21ビル2F
(TEL:023-633-6323)
URL http://www.onyasai.com/cgi-bin/shp/shopdetails.cgi?sid=023-633-6323

参加費:5千円(お一人様)

ご興味ある方は、ぜひ私にご一報頂くか
フェイスブックから、お申込み下さい
===========================
と宣伝してみました。
はい!それでは、宣伝の結果
フェイスブックのイベントがどうなったか!?
それが今日のブログの内容です

===========================

フェイスブックのイベント定員に15名に対して
画面では実際4名の参加者のみ。

今回イベントを開催する米沢の遠藤さんは
小野川温泉・登府屋旅館の若旦那!

12189695_714794441955559_6668917344968569665_n

先日開催されましたやまがた若旦那企画のブレイン
コネクションも情報発信力も展開方法も
自分で何もかもやり尽くして経験している方です

12208523_1012017672196562_8732081932440137771_n

そして今回は期せずして

不精わたくし布施 将英も、講師役になってしまいました。
私も遠藤さんほどでないにしろ、毛色は似ているわけです。

言ってみれば、二人のジョイントセミナーみたいなわけです

さぁ!その二人のタッグです!

大見栄切って開催なんだから
集客のセミナーなんだから
ちょっと有名だから
イベントさえ立てらから

集客できて当たり前ですよね!?!?

という雰囲気ビンビンですが、
なんと、フェイスブックのイベントからの申し込みは
なんとなんと!!!

スクリーンショット 2016-05-26 22.40.50

え!?
なになに!?

もう一回確認しますよ。。。。

売上アップ・集客のセミナーを開催するのに
お申し込みがなんと!

スクリーンショット 2016-05-26 22.42.41

悶絶しますね。。。
軽く胃が痛くなるのを通り越して
吐き気がするくらい、痛い現象です。

はい、セミナーの題名が売上アップ・集客アップなのに
フェイスブックのイベントからの申し込みが四人という
素晴らしい驚異の数字を叩き出しているイベントです。

勘の良い方はもうお気づきでしょうか。

そうです。

フェイスブックからのお申し込みが
4名様なのです。

では、実際今の所、どうなんでしょう

定員15名様のところ、現時点で14名様!!
残り1名様枠となっています

なんども言いますが
今回のセミナーは、売上アップのセミナーです。

売上が上がるためには
客単価が上がるか
客数が増えるか
リピートが増えるか
どれかなわけです。

今回のセミナーでは
集客の部分に大きく寄与すると思われます

そんな背景の中で
フェイスブックのイベント申込から

スクリーンショット 2016-05-26 22.42.41

ですが、実際に私宛にお申し込みいただいた方が
合計で10名様おいでです

これって、すごく不思議な現象でありませんか?
SNSのフェイスブックイベントでしか立ててないのに
他にお申し込みを頂ける現象

これは、セミナーの中でも話になるかと思いますが


SNSでお客様とこの図のように

 

029
繋がっているわけです。

繋がるという言葉は、曖昧なので言い直します

繋がるキッカケをもらったのです!!

この部分は非常に大事です。
繋がっているだけではダメなんです。

ここに、売上アップのSNS

活用方法があると思います

SNSだろうがリアルだろうが
いただいたご縁の線を、太くすることが大事です

おそらくココが一番重要な部分です
先ほどらい、書いておりますが、
今回の目的は

売上作りをする集客をどうするか?

という訳です。でも、集客することにフォーカスした情報発信だと非常に飽きられます。
集客の情報発信であったとしても
読んだ人が楽しんでもらえるような記事にすることをお薦めします
でも、コレって、難しいんですねよね〜

o0650043320130526fr_1-thumb-650x433-59127

だからあんまり売り込み中心で行くんじゃなくて
自分自身が、楽しんで発信することが大事です

これが大事なことは、分かりきっています
ですが、発信していても、届いてなければ意味がありません

届けたい方に届きやすい方法で
ダイレクトに届ける事が大切です

そうです

SNSで繋がった

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

軽くコメントとイイねを入れる
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Facebookのイベント招待
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

はたしてこれでお客様が
企画したイベントに出てくれますか?

これで集客できるのであれば
そのイベントがよっぽどイイイベントです
もしくは、恐ろしいほどに優秀なコンテンツか
あなたが、とても人望にあふれているからです

ですが、99%のイベントは
そうでない場合が多いです

なので、イベントなども無い時点で
自分の情報を届けたい方と、情報のやり取りをする事が重要です

中小零細企業のイベントの場合は
その下地が無いと、集客には結びつきません

では、情報を届けたい方に届きやすい方法で
ダイレクトに届ける方法は?どんなの?

お客様と繋がる方法は手段です
目的は、つながりを継続する事

結論から言うと、お客様とつながりを継続するために
SNSだけでなく、地元で地元の人に商売をしているのであれば

  • 手紙
  • DM
  • 手作りの情報誌
  • 電話
  • 訪問
  • Eメール
  • 電報

と、様々にあります。
でも、SNSで繋がると、
上記の方法を飛び越せるようになりました。

ですが、飛び越せるようになったからこそ
手作りの情報誌や
手書きのお便りなどは
お客様の気持ちに届くと思うんです

大事な事は

相手のお客様に心が届いているか!?
という事です

色々書きましたが、結局はツールが何であっても
この部分が一番大事だという事です
気になる方は、下のリンクからどうぞ

売上アップのための集客セミナーです
ぜひご参加下さい

13173029_10153416528361338_811866442708070334_o
日時: 6月1日(水) 13:30~17:00
(13時開場)
会場:しゃぶしゃぶ温野菜 山形駅前店
山形市十日町1-1-35 リモージュ21ビル2F
(TEL:023-633-6323)
URL http://www.onyasai.com/cgi-bin/shp/shopdetails.cgi?sid=023-633-6323

参加費:5千円(お一人様)

お申込みはお早めに〜〜♬

IRIS16011448_TP_V

 という事で、今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残るきもの記念日をお届けするきもの専門店
= = = = = = = = = = = = = = = = = =
布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#振袖 #成人式 #ゆかた #呉服 #着物 #着付

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です