今日の心がけ◆まずは話を聴きましょう

着物を通して素敵な思い出作りをお手伝い。
山形市蔵王倫理法人会のモーニングセミナーにて役員をしています
布施弥七の専務 布施 将英(@fuseyashichi)が
倫理研究所「職場の教養」をご紹介するブログ記事です。

今日は6月13日

そのままをきく

今日の心がけ◆まずは話を聴きましょう

Aさんは人の話を聴くことが苦手です。

特に、

部下や年下の人の話には聞く耳を持てません。

話の腰を折ることもしばしばで、

建設的な話し合いにならず、

なかなか周囲との調和を保つことができませんでした。

ある日、

見かねた先輩が、

「君は、

 自分の意見や考えを差し挟まず、

 聴くことに集中するのが先決だ」

と助言してくれました。

たしかに、

相手が話している最中から、

次に話す内容を考えたり、

反論することばかりを考えていたのです。

「聴くことは相手を受け容れること」

と諭されたAさん。

まずは相手の話をそのまま聴くように努めました。

すると、

相手の考えの特徴やその背景が見えてきたのです。

〈こんな細部まで考えていたのか〉

〈よく準備をして意見を述べているな〉

と、

相手を知り、

理解できたことで、

周囲との会話も増えていきました。

聴くことを通して、

周囲との調和が図れるようになったAさん。

現在は、

家庭において、

妻の話をそのまま聴くことに挑戦中です。

一般社団法人倫理研究所発行「職場の教養 6月号」6月13日より

http://www.rinri-jpn.or.jp

IMG_1765-1024x768

身近であればあるほど
話を聞く時に、私感が入ります

親子夫婦関係においては
何のイメージも持たずに
そのまま話を聞くことが大事ですね

 という事で、今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残るきもの記念日をお届けするきもの専門店
= = = = = = = = = = = = = = = = = =
布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#振袖 #成人式 #ゆかた #呉服 #着物 #着付

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
http://mag.kimonokinenbi.com/2018/06/11/611/
主に着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。ブログは2008年からスタートしており、合計4000記事超えで毎日更新中。ココ2年ほどは、ようやくまともな着物屋さんのブログになってきました。
趣味である音楽やDJ・は、!stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。また読書も好きで、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitter・Youtubeも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です