「売ろうと思って書いたブログ記事は、売れない!」効果のあるブログ記事の書き方は、コレです!

先日のクラウトの記事が、なかなか個人的に良い感じでしたが
反響的には、とっても薄くて薄くてアメリカンコーヒー!(笑)
まぁ、反響が欲しくて書いたわけではないので良しとして。。。

スクリーンショット 2016-06-30 13.15.16

着物を通して素敵な思い出作りをお手伝いをモットーに
音楽・温泉・読書・SNS・スポーツ、そして人とのご縁が大好きな
布施弥七京染店・やしち屋の専務 布施 将英(@fuseyashichi)です。

さて、こんなツイートにも、
まずまず反響があったわけでして

ブログを書いても売上が上がりません
これは、断言できます!
では、一体なのためにブログを書くのでしょう?
#名物専務語録

 

ということで今日はこの、ネタです

スクリーンショット 2016-07-04 22.10.56

にわとりとたまごのお話です

因果説でもあるわけですが

鶏が先か、卵が先か」(にわとりがさきか、たまごがさきか)という因果性ジレンマは、平たく言えば「ニワトリタマゴのどちらが先にできたのか」という問題である。昔の哲学者にとってこの疑問は、生命とこの世界全体がどのように始まったのかという疑問に行き着くものだった[1]

 

平たい話どっちが先かという話です。
非常にシンプルな話ですが、
取り組むときにこのにわとりとたまごの例えが、
今回のツイートや、クラウトスコアに
うまく例えられるとおもうのです。

 

目的を見誤ると、結果が大きく変わる

先ほどの流れで言えば

たまごが先だとすると

スクリーンショット 2016-07-04 22.25.32

一方、にわとりが先だとすると

スクリーンショット 2016-07-04 22.26.53

ずいぶん違うものですね〜〜
目的って、本当に大事だなぁと、改めて思うのですが。

さて、ツイートをもう一回見ましょう

ブログを書いても売上が上がりません
これは、断言できます!
では、一体なのためにブログを書くのでしょう?
#名物専務語録

はい、勘の良い皆さんですから
もうこれ以上書かなくても大丈夫でしょう^^

売ろうと思って書いたブログ記事は、売れない!
むしろ、売りが出ていない様な楽しいためになる記事の方が
共感と売上を呼んでくる気がします

もう、売ろう売ろうと思っているブログとか
売り込みしか感じない様なものには
食傷気味なのはいうまでもありません

だから、ブログを書くこと自体を
売るため
売上のため
という、売上収穫型の目的のために書くのではなく
共感してくれる人を増やすため
この記事を参考にしてくれる人を増やすため
お役立になるため
という、育成型参考型の記事を積み上げていけば
結果として、ファン作りや売上作りになる
と、思うのです

water-lily-1442497_960_720

 

僕自身、集客のためや
イベントお知らせの記事が多いので
自戒の意味も込めた、今回のブログ記事であります。

 

今度は、

「ブログの書き方」

「ブログ運営の仕方」

そして

「ブログの続け方」

更には

「次世代型のブログ活用方法」

という講座や記事

スクリーンショット 2016-06-26 9.16.49
もお届けできればと思います。
 という事で、今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残るきもの記念日をお届けするきもの専門店
= = = = = = = = = = = = = = = = = =
布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#振袖 #成人式 #ゆかた #呉服 #着物 #着付

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
http://mag.kimonokinenbi.com/2018/06/11/611/
主に着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。ブログは2008年からスタートしており、合計4000記事超えで毎日更新中。ココ2年ほどは、ようやくまともな着物屋さんのブログになってきました。
趣味である音楽やDJ・は、!stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。また読書も好きで、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitter・Youtubeも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です