「今までの農政は、農家を生かしも殺しもしなかった」。では、これからはどうすればいいのだろう!?

参議院選挙が終わりましたね
全国的には与党が圧勝でした

着物を通して素敵な思い出作りをお手伝いをモットーに
音楽・温泉・読書・SNS・スポーツ、そして人とのご縁が大好きな
布施弥七京染店・やしち屋の専務 布施 将英(@fuseyashichi)です。

昨日の選挙速報では、早々とやすえさんの当選確実が。
まぁ、前評判通りではございましたが、ここまでとは。

自民党推薦のかおるさんは、農業関係者。
その経緯もありつつも、農協が全体的に応援しないという
非常に不思議な構図の選挙戦でありました。

やすえさんには、

しっかりと日本の農業を「自立させて欲しい」

と、思います。

という事で、本題に入ります

今日は「日本の農業の未来について」です。

またこちらは、着物屋の名物専務が書き連ねる個人的な所感ですので、
気に入らない方はここから先、読み進めないでください

今までの農政は、農家を生かしも殺しもしなかった

個人的に思うことです。
今までの農政というのは、これに尽きると思うのです。

農業が自立して経営出来る仕組みに
組み立てなかった事が大きな問題

だと、思っています。
農家といえども、生業として行うのであれば
経営する事になるわけです。

flowers-meadow-and-blue-sky

自分のうちで食べる分だけを
庭先で作るのなら構いませんが
農家として、生産者として、経営するならば
事業として成り立つようにしなければいけません。

しかし、日本の農政は

農家を殺さない方法を選択したと思っています。
手厚くではありませんが、殺さないように守ってきた。
途絶えないようにでなく、殺さないように守ってきた。
農家をやめないように、殺さない守ってきた。

個人的にそう思っています。

でも、活かさないようにもしてきた。
組合という組織で
政策という手法で

活かさないようにしてきたと
僕は思っています。

福花原の田園風景

ここにきて、事業継承の問題が
農家にとって深刻な問題になってきていると感じています。
これに関しては農家だけの問題でなくて
労働人口の減少というのが根因なわけですが

着物屋も農家も
事業を継がないうちが続出してきたようです。

さらには、21世紀の新しいルールとなりそうなTPPの問題も出てきて、
今まで通りの農業では未来が見えなくなってきていると思う次第です。

特に山形は農産県
非常に事態は深刻です。
今年のさくらんぼ事情を見ても
すごく感じた次第でした。

急激に農業従事者人口が減ってきているのです
大きい理由は「従事者の高齢化と後継者不在」です
これは今からの日本で、どの業種も体験する問題です。

今回の選挙で当選した人たちが
この問題を解決してくれる?

いやいや、無理です。
政治家の方には、そんなパワーがありません。
もし、その力があるとすれば
とっくに山形の農家の現状が変わっています。

そうです。

時代は大きな転換期になっているのです。

農業だけではありません。

我ら着物屋さんも

一般の会社さんも

会計事務所さんも

銀行さんも

時代の転換期に入ったのです。

europe-182767_960_720

今からの時代は、サバイブする力を持っている事業所でないと

これからの新しい時代を、乗りこなせません。

大きい流れで言えば

「作る力」と「売る力」

そして何よりも「仕事に対する情熱」が無ければ

事業という業態を維持できません。

いい時代になりました。

本物しか残らないわけです

そして、こんな状況でも
しっかりと農業を経営として確立させる人も多数いるんです。

 

高畠の有名人が、誇り高く農家を経営されています

天童には日本で一番のねぎ作付け面積を誇る熱い男が

13263691_874446579349122_8224611936484144525_n

東根には究極に甘いさくらんぼを作るラスタマンが

13524482_745296378943519_7098199218616664607_n

 

そして高畠には、有名な天然農法の14代目が!!
13568887_1117391338333216_6621878076578913937_o

使命感強くお持ちになって
自分の信念を強く持って農家をされて
県内のみならず、全国へ向けて発信されております。

山形の農業は、こういうわこうどの活躍もあり
非常に光明を感じる次第です!

「山形スタンダード!ここにあり」

というくらいパワフルな方タチです。
さらには先日開催された、山形の旅館業の

「やまがた若旦那総選挙」にて
トップ当選をしちゃうほどの人気者!

すごい男がいたもんです

そしてこの14代目が、なんと今週の末の16日に
蔵王倫理法人会にて、講話をしていただけます

農家の方はもちろんですが

事業後継者

個人事業主

経営に不安を感じている方

自分の会社の仕事を、全国に発信したい方

に、ぜひ聞いて欲しい講話です。

天然農法・自然栽培 十四代 中川吉右衛門氏
「日本の農を盛大に繁盛させるには」
========================
と き:平成28年7月16日(土)開始午前6時30分
ところ:山形グランドホテル 8階
住 所 :山形市本町1-7-42  電話:023-641-2611
参加費:無料
========================

お問合せ
山形県倫理法人会
〒990-0835 山形県山形市やよい二丁目1番47号
ダイヤ45やよい202
TEL 023-647-5582(代)FAX 023-646-7660 E-mail yamarinr@gray.plala.or.jp

 今回は特別に参加費が無料です!

ちょっと早めですが、名物専務から皆さんへ
お中元がわりのイベントをお送りいたします
ぜひ、沢山の方にモーニングセミナーへご参加ください( ^_^)/~~~

 という事で、今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残るきもの記念日をお届けするきもの専門店
= = = = = = = = = = = = = = = = = =
布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#振袖 #成人式 #ゆかた #呉服 #着物 #着付

投稿者について

名物専務
地元で安心と信頼ナンバーワンの感動きもの専門店の布施弥七京染店と
山形で一番おしゃれな着物専門店のやしち屋がお送りするブログです。
着物を通してお客様に最高のきもの記念日をお手伝いして
最高の思い出作りと感動の瞬間をお届けさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です