今日の心がけ◆気づいたほうから挨拶をしましょう

着物を通して素敵な思い出作りをお手伝い。
山形市蔵王倫理法人会のモーニングセミナーにて役員をしています
布施弥七の専務 布施 将英(@fuseyashichi)が
倫理研究所「職場の教養」をご紹介するブログ記事です。

今日は7月19日

挨拶は誰から

今日の心がけ◆気づいたほうから挨拶をしましょう

Kさんには最近、

面白くないことがあります。

年頃の娘がKさんに挨拶をしないことです。

朝、

顔を合わせても、

「おはよう」の一言もありません。

幼い頃はKさんが「おはよう」と声をかけると、

元気な声で「おはよう」と返ってきたものです。

そう思った時、

はたと気づきました。

娘が幼い頃は、

こちらから声をかけていたのに、

近頃は声をかけられるのを待つようになっていたのです。

自分は父親なのだから、

子供のほうから先に挨拶をするものだと決め込んでいたのでした。

〈職場でも責任ある役職に就くようになってから、

 いつの間にか、

 部下に挨拶されるのを待つようになっていた。

 家でも自分から挨拶しなくなったのは、

 その頃からではなかったか…〉

挨拶には、

目上も目下もありません。

気づいたほうからすればよいのです。

明日からといわず今日、

娘が家に帰ってきたら、

大きな声で「お帰りなさい」と声をかけようと心に決めたKさんでした。

一般社団法人倫理研究所発行「職場の教養 7月号」7月15日より

http://www.rinri-jpn.or.jp

挨拶が示す人柄

思いは伝えなければ伝わりません
しかも、伝えても、伝わらない場合もあります

その人とコチラの言語が共通でなければ
しっかりと伝わらないわけです

m030183

しかし挨拶に限っては
コレをきにせずに
自分から先手ですることが
ほんとうに大事だと思います

 という事で、今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残るきもの記念日をお届けするきもの専門店
= = = = = = = = = = = = = = = = = =
布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#振袖 #成人式 #ゆかた #呉服 #着物 #着付

投稿者について

名物専務
地元で安心と信頼ナンバーワンの感動きもの専門店の布施弥七京染店と
山形で一番おしゃれな着物専門店のやしち屋がお送りするブログです。
着物を通してお客様に最高のきもの記念日をお手伝いして
最高の思い出作りと感動の瞬間をお届けさせていただきます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です