仲間という存在は貴重なのは分かっている。でも、お互いを刺激しなければ、本当の仲間では無い

創業1647年、地元山形の着物専門店・布施弥七京染店では
着物を通して素敵な思い出作りをお手伝いがモットーです。

こちらをお届けするのは音楽・温泉・読書・SNS・スポーツ、
そして人とのご縁が大好きな専務 布施将英(@meibutsu_senmu)です。

お盆休みというのは、懐かしい友人や仲間に会える
貴重な時間ですね。今日は仲間についてです

10267762_646656048740083_1742674982099778295_n

仲間という存在は貴重なのは分かっている。
でも、お互いを刺激しなければ、本当の仲間では無い

こんなことを書こうと思ったのは、実はとある一本の電話から始まる。たった今だけどね、同じ年の「戦友」から、電話が来たんだ。とある信販会社の人間なんだけどね。会社は違うけどさ、なんかすごいやつだったんだよね〜。転勤のある仕事なんでね、今は大阪にいるけど、電話をするとすぐ昔のノリに変わるんだよ。

で、この仲間と話をするとさ

「こいつには負けられない!」

って思うんだよねぇ。喧嘩とか意地の張り合いとかじゃなくて「こいつが頑張ってるんだから、おれも自分の場所で精進しなきゃ」って思うの。

たまたま同じ年で

同じような志で仕事に取り組んでて

私の亡き祖母のことも、よ〜く知っていて

私の商売の師匠のことも、よ〜く知っていて

そして、お互いが、社会人一年生の頃を知っている

だからこそ、会えば自然と心に火がつく関係なんだよね

いま、ふと電話をもらって、そんなことを思った。

CjfGDxyWsAAzZub

仲間から呼ばれる名前は、かなりレアなコールネームが多いです

たった今電話をくれた仲間は、僕のことを「ふせちゃん」と呼びます

ふざけると「ひーぼーちゃん」と呼びます。

先代の女将が、僕のことをそう呼んでいたからです(笑)

また、音楽の仲間は「フューズ」と、呼びます。

ぼくを「くんくん」と呼ぶ仲間もいます。

最近は「ふせさん」とか「せんむ」と呼ばれることが多くなりましたが

コールネームで呼ばれると、なんか、当時のスイッチが入るんですよね

仲間の存在は貴重です。

そして、ぼくの仲間は、色んな刺激をくれます。

傷の舐め合いではありません。

先日は、同じ年の経営者のかたが、

尊敬する吉田松陰先生のお守りをお持ち下さいました。

仲間の存在というのは、本当にありがたいです。

おかげさまでぼくは、人さまのご縁に恵まれています。

此方をご覧頂きました皆様にもご縁頂き嬉しいです。

ぜひ、刺激し合える仲間を、大切にしてください

 

 という事で、今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残るきもの記念日をお届けするきもの専門店
= = = = = = = = = = = = = = = = = =
布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#振袖 #成人式 #ゆかた #呉服 #着物 #着付

投稿者について

名物専務
地元で安心と信頼ナンバーワンの感動きもの専門店の布施弥七京染店と
山形で一番おしゃれな着物専門店のやしち屋がお送りするブログです。
着物を通してお客様に最高のきもの記念日をお手伝いして
最高の思い出作りと感動の瞬間をお届けさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です