男子体操の種目別には、その道のスペシャリストが出ます。そういう個性の活かし方が、大事になってきていると思う。

創業1647年、地元山形の着物専門店・布施弥七京染店では
着物を通して素敵な思い出作りをお手伝いがモットーです。

こちらをお届けするのは音楽・温泉・読書・SNS・スポーツ、
そして人とのご縁が大好きな専務 布施将英(@meibutsu_senmu)です。

今日は先輩が主催されたイベントのナオライにお邪魔しました。
若手の経営者がおいでになられ、良いご縁とご意見頂きました。
やっぱり、こういう感じの場所での出逢いと言うのは面白いですね。

今日はココで感じた事です。

14012349_1146981085374241_1166941526_o

自分の強みを出来るだけ活かそう

なんか、自分の為に書く様な記事で、ほぼほぼ備忘録じゃねえかと思うくらいに個人的な事なので、もうココで読み止めて頂いて結構ですので、暇な人しか読まないで下さいね。

 

さてさて、人には得意、不得意がある訳です。それは紛れも無い事実で、しかもあって当然な訳です。人と話す事が好きな人、前に出るのが得意な人、地道にコツコツのが得意な人、出来上がっているものを寄り良くさせて行く人、得意分野は人によってそれぞれです。裏を返せばその逆は不得意と言う事です。

だと設楽、その得意な部分を、出し惜しみせずに「使い切る」事が大事なのではないかと思うのです。山形、というか日本人特有の

「いやいや、おこがましいので、ご遠慮しますww」

という感じでなく、

「ありがとうございます。はいわかりました」

という様な、自分の得意な部分を、出し惜しみしない事が大事だなぁ〜って、改めて思います。体操で言う所の、種目別の様な感じです。

 

体操の種目別には、その道のスペシャリストが出ます。
そういう個性の活かし方が、大事になってきていると思う

いま話題のリオオリンピック
男子体操が非常に目出たいニュースを届けていますね
団体は、國のチームプレー競争
個人総合は、個人のオールラウンダー競争

そして種目別は、その道のスペシャリスト競争

個人総合では見られなかった
異次元のスペシャリストが登場する訳です

自分自身、というか、今からの時代のビジネスパーソンは
何かしらの種目のスペシャリストである必要があると思います。

なんでもある程度出来ますよ、も良いですが

「私、コレにおいては、誰にも負ける気がしないんです!」

というスペシャリストである必要があると
感じています。

ボクの場合は

「名物専務のスペシャリスト」

でしょうかね〜。
スポークスマン、というか
フロントアクト、というか
社長の様なNo,2、というか
そんな感じです。

皆さんもきっと
何かしらのスペシャリストであると感じます。

それをしっかりと認識している人と
そうでない人の違いは大きくて
今からの時代、必須の能力なのではないかと思う次第です。

 

 という事で、今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残るきもの記念日をお届けするきもの専門店
= = = = = = = = = = = = = = = = = =
布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#振袖 #成人式 #ゆかた #呉服 #着物 #着付

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
http://mag.kimonokinenbi.com/2018/06/11/611/
主に着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。ブログは2008年からスタートしており、合計4000記事超えで毎日更新中。ココ2年ほどは、ようやくまともな着物屋さんのブログになってきました。
趣味である音楽やDJ・は、!stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。また読書も好きで、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitter・Youtubeも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です