「何処に視点を合わせるかで、物事の見え方が大きく変わる」だからこそ、心がプラスになる場所に視点を合わせるべきなんだと思う。

創業1647年、地元山形の着物専門店・布施弥七京染店では
着物を通して素敵な思い出作りをお手伝いがモットーです。

こちらをお届けするのは音楽・温泉・読書・SNS・スポーツ、
そして人とのご縁が大好きな専務 布施将英(@meibutsu_senmu)です。

一般的には今日までがお盆休みのところが多いでしょうかね〜
明日から社会復帰の皆様もおいでかと思いますが
当方は、普通に営業中でございます。

本題に入ります今日は視点です

何処に視点を合わせるかで、物事の見え方が大きく変わる

今日のブログは、個人的に書き連ねる備忘録ですので、興味のない方や初めてご入場の方は、早々にお引き上げ下さいませ。ある程度、わたくしをご存知のかただけ、読み進めて下さい。

はい、改めまして、布施弥七京染店の布施 将英です
私は着物屋の倅で、只今専務をしております。
でね、なんとなく、明るく見える人間だと思われがちです。

右脳タイプのB型みたいな印象を持たれますが

実は左脳タイプの典型的なA型です

なので、思考に対しては、ちょっと注意しています
どういう風に注意するかというと、

+の部分にフォーカスするようにしています。

意識的にそうしています。
出ないと、ブラック専務が顔を出してくるわけでして。
黙っていても、マイナスの部分は見ることが出来るから
意識的にプラスの部分に視点を合わせるようにしています。

何処に視点を合わせるか

ということです。

自分の気持が上向く場所に、視点をフォーカスする

例えばこの写真があるとします。

スクリーンショット 2016-08-16 12.46.24

いわゆる、今風な感じのコーデをした振袖のモデル写真です
さて、この写真を見た時に、ブラック専務が発動されるとこうなります

スクリーンショット 2016-08-16 12.11.37

文句タラタラ、欠点探し。
まぁよくある話ですが、突っ込む場所をアラ探し。
この写真を見た時に、欠点にフォーカスするとこうなる訳です

ですが、この写真を心が上向くようにみると

スクリーンショット 2016-08-16 12.11.28

こうなるわけです。

この写真1枚とってみたってこうですから
日常生活において、常にこの思考法がついて廻るわけです。

せっかくだったらさ、
自分の気持が上向くような視点でいたいじゃないですか。
結構これは、訓練でどうにかなるものなんです

しかし、この視点になりづらいロケーションが
誰にでも合ったりするんです。

1 近親者(身内・伴侶)といる時
2 一人で考え事をしている時

とくに1の場合は、ついつい青文字の、塩梅悪い考え方になりがちなんです
夫婦・親子に例えると分かりやすいでしょうかね

ついつい、感情が前に出てきて「カッとなる」瞬間が多くなるんですよ。
なので、自分の心が上向くような視点を心がけたいと思います。

 

 という事で、今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残るきもの記念日をお届けするきもの専門店
= = = = = = = = = = = = = = = = = =
布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#振袖 #成人式 #ゆかた #呉服 #着物 #着付

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です