「村山地方・方言番付」という地元スラングの一覧表!

創業1647年、地元山形の着物専門店・布施弥七京染店では
着物を通して素敵な思い出作りをお手伝いがモットーです。

こちらをお届けするのは音楽・温泉・読書・SNS・スポーツ、
そして人とのご縁が大好きな専務 布施将英(@meibutsu_senmu)です。

突然ですが、わたくし、非常に地方の言葉を使う人間です。
最近では通じないこともあり、自粛しているほどです。
ですが、懐かしい友人に合うと、たちまち方言です(笑・汗)
という事で今日は、方言をお知らせします

村山地方・方言番付

山形県内では
村山地方・置賜地方・最上地方・庄内地方と
4つのエリアに分かれておりまして
それぞれの地区に方言があります。

かくいううちの地区の方言はこんな感じです
スクリーンショット 2016-08-16 17.30.44

スクリーンショット 2016-08-16 17.30.08

単語だけで聞くと理解不能のものが多いかもしれませんが
文脈で見ると、結構すんなりわかるものです

 

村山太郎一家の会話(上段:村山弁、下段:標準語)

次男「いや~ 今日のテスト解らねくて しゃますした~」
(いや~ 今日のテスト解らなくて 苦労したよ)

長男「解らなねたって さすかえなえ~」
(解らなくても 大丈夫さ)

母親「さすかえなえあて お前だ だめだっぺした~」
(大丈夫なんて お前たち ダメでしょう)

父親「ちゃんと 勉強すねど 偉ぐならんねぞ」
(しっかり 勉強しないと 偉くなれないよ)

長男「偉ぐあて ならんたて いいもの」
(偉くなんて ならなくても いいよ)

父親「へらから 言わねで ちゃっちゃど 勉強すろ」
(ぺらぺら 言わないで 早く 勉強しなさい)

長男「父ちゃんは いっつも かすますえづね~」
(お父さんは いつも うるさいね~)

父親「いいが 言うごど聞かねど くらすけっがらな」
(いいか 言うこと聞かないと なぐるぞ)

次男「ほだて 今日のテストのプリント どごさ いったが わがらねもは~」
(でも 今日のテストのプリント どこに やったか 解らないんだもの

父親「解らねあて ちゃんと たねで 勉強すろ」
(解らないなんて きちんと さがして 勉強しなさい)

次男「勉強の前に まま かしぇろ」
(勉強の前に ご飯 食べさせて)

母親「ほれ いっぱい け~」
(たくさん 食べなさい)

次男「ん く~」
(はい 食べます)

http://mamanavi.pref.yamagata.jp/htmls/yamagataben/murayama.html
より

同じ山形であっても
内陸の人間は庄内の言葉に驚くこともあります

「まぐまぐでゅー」

「もっけだの」

「じぎさね」
いずれも、単語だけでは理解不能です(笑・汗)

田舎は、方言が合っていいですね^^

という事で、今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残るきもの記念日をお届けするきもの専門店
= = = = = = = = = = = = = = = = = =
布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です