出席される席へ向かう際に、相手をおもんばかりこちらの気持を着るものに表すのが「衣装の選び方」なのだと思うのです

昨日の袴の記事へのアクセスがとんでもないことになっており
非常に嬉しくも驚いております^ ^

こちらをお届けするのは音楽・温泉・読書・SNS・スポーツ、
そして人とのご縁が大好きな専務 布施将英(@meibutsu_senmu)です。

偉そうにうんちく語りたかったわけではなくて
日本人の文化である着物の「へぇ〜、そうだったんだぁ〜」というのを
ちょっと自分の確認のために書いてみた所でした。
商品や文化、またTPOにまで色々と書いてみることもあるので
またお読み頂ければ嬉しいです

という事で、今日は男の袴事情と、男性の着物TPOです

IMG_3998

「男の袴」は「仙台平」と「米沢織」が有名です

男の袴の産地として、全国でも有名なのはこの二箇所
自分が住んでいるのが山形ということもあり、かなり贔屓目ですが(笑)
みちのくの袴事情は、日本の中でもかなりの生産量を担います。

仙 台 平

日本の宮城県仙台市で作られる絹織物である。江戸時代から明治時代にかけて袴地の最高級品として知られたが、袴の需要減少とともに生産量が少なくなり、現在製造するのは合資会社仙台平だけである。国の重要無形文化財に指定されている。

実際に、仙台平というのは、産地の総称だったのですが、現在では
人間国宝の甲田さんの所でしか作っていない感じですので
産地と呼べないような状況でもありますが
とっても素晴らしい逸品を作られております。

米 沢 織

米沢織は約220年前、第9代藩主上杉鷹山公の国おこし策のひとつだった青苧(あおそ)の縮織(ちぢみおり)から始まり、その後領内で養蚕から織までを行う絹織物産地に転換、紅花や紫紺(しこん)などの植物染料を使った、やわらかな風合いの先染織物が確立し、江戸後期には全国に知られるた一大絹織物産地。
明治以降は時代の移り代わりとともにレーヨンなどの化学繊維品も発達し、現在は総合的な織物産地へと変容。米沢市内の織物に関わる業者数は現在106社あり、作業工程ごとに分業体制で行う。また、いち早く婦人服地の分野で技術開発をしてきた米沢織は、イタリアのコモに匹敵する世界一の織技術をもち、袴地の生産高も日本一。その一方で、伝統的な草木染による手織技術は、染織作家たちによって大切に継承され、「置賜(おいたま)紬」として国の伝統的工芸品指定を受けている。

そうです!ご当地米沢の袴生産量は、日本一なんです!!
地元に日本一があるというのはとても誇らしいことですね〜〜(^^)
色柄豊富に、縞・無地とあるのが、米織の男物袴です

人間国宝・甲田さんの袴を「超高級車」に例えるとすると

米沢の男物袴は「高級車から軽自動車まで幅広く」

といった感じです。

うちの会長が履いている袴は甲田さんの袴で
社長と僕の袴は米沢モノです

弊店ではいついらして頂いても
男物の着物がご覧頂けますよ〜

「男の紋付袴姿」は、洋服で言う所の
モーニング・タキシードに相当します

スクリーンショット 2016-08-23 20.07.37
男性の紋付袴姿というのは、
洋装に当てはめると、モーニング・タキシードという感じです

黒の礼服よりは、随分上をいきます。
男性が黒、ないし色の紋付袴姿になる時は
それ相当の品格の場所になりますね。

現代ではそういうロケーションが非常に少なくなって居るかもしれません
なので、冠婚葬祭・襲名披露・御茶会・会社の設立記念パーティー
あたりが、紋付袴姿を見かける場所になると思います。

「そんな席、私には縁がないよ」

という声が聞こえてきそうですが
一般的なロケーションという事では上記のようになります

ですが、ここからが個人的現代版の解釈です
出席される席へ向かう際に、相手をおもんばかり
こちらの気持を着るものに表すのが、「衣装のTPO」なのだと思うのです。

ここまで和装を着なくなった現代で
相手をおもんばかり、自分の気持相応の衣装で
相手様の席に向かうことが、非常に重要な事だと改めて思う次第です

相手をおもんばかるお気持ちで衣装を選んで頂ければ
着物だろうが洋服だろうがジーンズだろうが
様々あっていいと思います。

僕は着物屋の人間なので
どうしてもそこが和装になるわけです。

さらに今回の小池知事の着物姿を見て
皆さんがお持ちになっている日本人として和装へのあこがれと
着物姿への賞賛と素晴らしさと感じたところです。

そういえば、男物を在庫にして商いしている店が
めっきり減ったよなぁ〜って思う今日このごろ。

弊店では、いつ来て頂いても
男女の第一礼装の着物をご覧頂けます。
という事で、今週も元気に参りましょう^^

= = = = = = = = = = = = = = = = = =

 という事で、今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残るきもの記念日をお届けするきもの専門店
= = = = = = = = = = = = = = = = = =
布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#振袖 #成人式 #ゆかた #呉服 #着物 #着付

投稿者について

名物専務
地元で安心と信頼ナンバーワンの感動きもの専門店の布施弥七京染店と
山形で一番おしゃれな着物専門店のやしち屋がお送りするブログです。
着物を通してお客様に最高のきもの記念日をお手伝いして
最高の思い出作りと感動の瞬間をお届けさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です