日曜劇場「仰げば尊し」が、とても面白い!

こんばんは。右脳型感動系(笑)

こちらをお届けするのは音楽・温泉・読書・SNS・スポーツ、
そして人とのご縁が大好きな専務 布施将英(@meibutsu_senmu)です。

今日は個人的に見ているドラマの話です
コチラのドラマです

スクリーンショット 2016-09-04 18.56.49

日曜劇場 仰げば尊し

とても面白いドラマで、なんかハマってみています
昔から、ドラマ物はあまりみないんですが
子供の影響で見てるような状況です。

そして今好きで見ているのが、これ

寺尾聡と、ムラジュンの息子が出ているこのドラマですが
いわゆる青春部活ドラマなんです

ですが、これがいいんですよ〜
毎回一度は、涙腺が緩むような事になるんです

あらすじとしては

ある日の横須賀埠頭近くの公園、初老の男の指揮により、少年少女らによるブラスバンドの音が鳴り響く。「やさしく、丁寧に…」と声をかけながら、それでいて情熱的に指導する樋熊(寺尾聰)を興味深く見つめる美崎高校・校長の小田桐(石坂浩二)。定年まで最後の1年、問題の多い美崎高校の生徒と向き合い、よい形で高校生活を送らせてあげたいと切に願っていた小田桐は「今まで子どもたちの目線に合わせて接してきただろうか?」と感じていた。そんな時、樋熊のような人間を学校に迎え、一から指導を見直そうという決意により、美崎高校へ来て欲しいと樋熊へ頼み込む。

その話を聞いた樋熊の娘、奈津紀(多部未華子)は父に反対するが、小田桐の熱意に押された樋熊は、ちょっと覗くような気持ちで美崎高校を訪ねる。すると、ひょんなことから不良グループの青島裕人(村上虹郎)木藤良蓮(真剣佑)安保圭太(北村匠海)高杢金也(太賀)桑田勇治(佐野岳)と出会った。好き勝手にふるまう彼らの態度を諭そうとする樋熊だが、青島らはまったく相手にせず「ここじゃ、俺たちが法律だ」と、完全に大人をなめ切った態度だ。
そんな彼らに触れた樋熊は、ここ美崎高校で生徒たちと向き合うことを決心。全校生徒の前で元プロのサックス奏者だったと紹介された樋熊は「もっと今という時間を大切にして夢中で生きてみませんか?」と呼びかけた。そんな樋熊の言葉に心を動かされた吹奏楽部の部長、有馬渚(石井杏奈)は、吹奏楽部の顧問になってほしいと頭を下げる。
ほどなく、樋熊の指導による部活が始まるが…。

ということなんですが、
結論はきっとわかってるような結末なんです
でも、心の変遷が面白い。

こういう寺尾聡のような先生が多いと
日本の教育環境も激変するんでしょうけど
なかなか、ここまで入魂の先生が少なくなりましたねww

とある同窓会で昔鬼のように怖かった先生にお逢いして
最近の生徒事情についてお伺いしたら

君たちがいた頃はね、ある意味入魂でぶつかれた。
環境も緩かったから、根性入れてぶつかれたしね。
でも、今は環境も親も生徒も、デリケート過ぎて
生徒じゃなくて、まるでお客さんのようだよ。

そんなお客さんのような生徒に
本気でぶつかって、周りの風当たりが強くなって
自分ばかりが虚しくなるような、、、

そんな昨今だから
部活で一生懸命になるような
気力がなくなっちゃったよ。

と、お嘆きになっておられました
なんか、悲しくなりますよね〜
そんな事を気にしない先生が増えることを望む次第です。
という事で、今宵もドラマがありますので
大河ドラマ経由で見たいと思います

 という事で、今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残るきもの記念日をお届けするきもの専門店
= = = = = = = = = = = = = = = = = =
布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#振袖 #成人式 #ゆかた #呉服 #着物 #着付

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です