百貨店の閉店ラッシュに思う。そもそも、百貨店の商品って、何でしょう?

創業1647年、地元山形の着物専門店・布施弥七京染店では
着物を通して素敵な思い出作りをお手伝いがモットーです。

こちらをお届けするのは音楽・温泉・読書・SNS・スポーツ、
そして人とのご縁が大好きな専務 布施将英(@meibutsu_senmu)です。

今日は気になるこのニュースについてです

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-01-9-54-48

百貨店の商品って、そもそも何でしょう?

NHK朝の連続テレビ小説 「トト姉ちゃん」が終わりました。
戦後からの復興期を綴ったドラマですが
創業のマインドや、No.2とのやり取り
兄弟のチカラ
会社独自の視点
自社だけの強み

というのを感じて見ており
非常に面白かったです。

そんな中でこの百貨店のニュース

 百貨店の閉店が相次いでいる。そごう柏店(千葉県柏市)と西武旭川店(北海道旭川市)が30日、営業を終了。三越千葉店(千葉市)も来年3月の閉店を決めるなど、経営環境の悪化を受け、大手だけでも来年までに7店舗が姿を消す。大型ショッピングセンター(SC)やコンビニエンスストア、ネット通販の台頭などで顧客離れに歯止めがかからず、売り上げが減少。中国人観光客による“爆買い”の鈍化も追い打ちをかける。

昭和の頃の当たり前が
平成、そして21世紀では
通用しなくなっているわけです。

その代表的な事例が
このニュースだと思います。

物がなかった頃なら良いのですが
ココまで物が溢れている時代に
百貨がそろう、素敵なお店

という店の強みでは
なかなかニーズとのマッチングが
そぐわない世の中だと思うのです。

では、本当の百貨店の商品は何でしょう?

例えばですが
牛丼の吉野家の本当の商品は
「牛丼でなく、旨さ早さ安さ」

運送会社の本当の商品は
「トラックじゃなく、商品輸送の正確性と速度」

床屋さんの商品は
「髪を切る技術でなく、お客様との人間的距離感」

着物屋さんの商品は
「モノでなく、それをおすすめする担当員の人間力・提案力と、店の暖簾と信用」

スターバックスの商品は
「コーヒーでなく、その空間自体が商品」

以上を踏まえて、百貨店の本当の商品を考えると

img_5046

憧れ

ブランド

対応力

セレクト目利きチカラ

重厚感

などであって
品揃えではない世の中に
なってきていると思うのです。

着物業界も斜陽産業と言われて久しいですが
百貨店業界も、業界自体が衰退産業だと言ってしまう世の中

このニュースを見て
ウチの商品も、もう一回見直して

発信の仕方
交流の仕方
提案の仕方

を、見直さなければと思った次第でした。

 

 という事で、今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残るきもの記念日をお届けするきもの専門店
= = = = = = = = = = = = = = = = = =
布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#振袖 #成人式 #ゆかた #呉服 #着物 #着付

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です