うちの本店のあたりは、城下町の歴史が残ります

創業が1647年の着物専門店・布施弥七京染店では
着物を通して素敵な思い出作りをお手伝いがモットーです。

こちらをお届けするのは音楽・温泉・読書・SNS・スポーツ、
そして人とのご縁が大好きな専務 布施将英(@meibutsu_senmu)です。

うちの近所は城下町
最上の旦那様がおいでの頃には
うちの店の前の通りは、羽州街道と呼ばれ
非常に賑わったとおりです。
つまりは、歴史ある城下町だと言うことです

14468269_1197554570316892_2599841369232894019_o
近所にも色んな歴史の名残があり
とっても味わい深い次第です
では、そんな近所の史跡を含めて
ちょっとだけご紹介します

三の丸吹張地区の近所です

ウチの近所は、吹張地区と呼ばれており
店の前の通りは五日町。
町人町・商人町でした。

参勤交代の皆さんが
うちの店の前を通ったらしいです

その近所にある、三の丸の際
吹張は、こんな感じで跡が残っています

img_5487

三の丸は、もうちょっとお城より似合って、
ココまで三の丸が突き出ていたのは珍しい感じですね

昔話によると
息を吹きかけて、個々の場所だけとんがらせたという話です

ココからちょっといくと
福満稲荷さま

img_5489

あんまり逆光で
稲荷様の公園を撮っちゃったけど
小さい頃はよく、ココで遊んだなぁ〜

もうちょっと大きい公園だったと思ったけど
実際に大人になってみてみると
非常に小さい公園です

そして、ココから更に徒歩でちょっといくと

img_5490

660年の歴史を持つ日枝神社。
こんなにも前からあったんだね〜と
改めて思い知る、歴史ある神社です。

よその歴史もいいけど
まずは自分の足元の歴史を
しっかりと分かっていないといけないよなぁ〜って
しみじみと思うようになりました。

なので、来月のうちのニュースレターから
山形市の旧町名企画を開始します。
おそらく2年程度の長い企画で
山形市の旧町名をご紹介していくと思います。

次号のそれを、ちょっとだけこっそり

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-15-9-04-04

きっと皆さんの地元にも
昔ながらの歴史があると思います。
そういうの、大事だよなぁ〜って、思うんです。

 

という事で、今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残るきもの記念日をお届けするきもの専門店
= = = = = = = = = = = = = = = = = =
布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#振袖 #成人式 #ゆかた #呉服 #着物 #着付

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
http://mag.kimonokinenbi.com/2018/06/11/611/
主に着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。ブログは2008年からスタートしており、合計4000記事超えで毎日更新中。ココ2年ほどは、ようやくまともな着物屋さんのブログになってきました。
趣味である音楽やDJ・は、!stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。また読書も好きで、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitter・Youtubeも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です