営業接客における、熱心としつこいの違いって!?

秋も深まり着物シーズン真っ盛り
コチラは創業369年を迎える布施弥七京染店の専務がお届けする
名物専務徒然ブログです

今日はこんなテーマです

熱心としつこいの違い

13_6800

営業販売をやっていると
永遠に付いて廻るテーマです
がんばってねとか、しっかりやってねとか
社員教育をすればする程
勘違いされちゃうと大変な事になるからね〜〜

さて、熱心としつこいの違いは

一般的には

熱心=相手の都合を考慮して対応する

しつこい=こちらの都合だけで対応する

ということではありますが
トップに付けたリンク先でお知らせした様に
ご来店頂いたお客様から頂いた腑に落ちる答え。

熱心=プロフェッショナル
しつこい=アマチュア

という事でした。
とっても分かりやすい基準でした

仕事をしていると
非常にこの基準を痛感することがあります

コチラ側がお客様に対して
おんなじことをしているのに

お客様に応対していて
ほぼほぼ同じ事をしている乃にも関わらず

しつこいとお感じになる場合と

さすが!とお感じになる場合と

有るわけです。
個人的にコレって
とっても不思議に感じるんです。

だってほぼほぼ同じ事をしているんですよ!?
そんなのに、好感持ってくれる人と
そうじゃない人に分かれるんです

厳密に言うと、お客様に対しておんなじことをしてなくて

アマチュアは、なんとなく言われたように、ほどほどにやる

プロは、相手の感触を見ながら、コチラの出し方を変えていく

という違いがありますが
ほぼほぼ同じ事をしていてそう感じられるのです。
コレって、本当に不思議です。

では、どうやったら、熱心な社員の集まりになるんでしょうか

熱心としつこいの違いが、プロとアマの違いと通じる

こんな図解もありますが
スクリーンショット(2012-06-01 22.10.33)

プロとアマの違い

論点がプロとアマの話になっちゃいましたが

熱心としつこいは、ちょっとニュアンスが違う気がします。

きっと立場と視点でこの違いはそれぞれあると思います。

しかしこの、熱心としつこいの境界線というのは

人生の大きな基準になると思う次第です。

結局、熱心としつこいの違い

この熱心としつこいの違いということに対して
明確な基準や答えというのは、
人それぞれあるんでしょうけれども
決定的な根っことしては

とった行動が能動的であるかどうか

ということなのではないでしょうか
能動的の逆が、受動的

進んで工夫してやるのが、熱心タイプ

言われてから「やれやれ」とやるのが、しつこいタイプ

そんなところでしょうか。

でも、やっぱり、先日いらして頂いたお客様の

熱心=プロフェッショナル
しつこい=アマチュア

って、ホントにすっきりするな〜(^^)
今日はウチの展示会が最終日!
皆さんに喜んで頂ける場所作りを心がけますよ〜

 という事で、今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残るきもの記念日をお届けするきもの専門店
= = = = = = = = = = = = = = = = = =
布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#振袖 #成人式 #ゆかた #呉服 #着物 #着付

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。
趣味である音楽やDJは、1stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。
着物の動画も多数放出中で、山形の着物屋さんで最も有名なyoutuber着物屋さん。着物初心者に向け他ものや、着物のお手入れについて、着物の HOW TO動画を多数あげていますので、「布施弥七京染店 動画」で検索してみてください。
読書は、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitterも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です