「毎日ブログを書いてはイケない」という言葉で気が楽になったヒトへ

おはようございます
着物を通して素敵な思い出作りをお手伝いをモットーに
音楽・温泉・読書・SNS・スポーツ、そして人とのご縁が大好きな
布施弥七京染店・やしち屋の専務 布施 将英(@fuseyashichi)です。

今朝は友人の記事より思うことです

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-31-14-17-50

山形のみなさんならご存知のあの企画
「やまがた若旦那プロジェクト」のブレーンである
小野川温泉の遠藤さんのブログです

今日はココから感じることを
記事にしてみます

毎日ブログを書いてはイケないのではない
毎日何かしら、発信しなければならない

この小野川温泉の遠藤さんとは
非常に親しくさせてもらっています。
ひょっとしたら、僕が一方的にそう思っているのかも知れないけど
色んな考え方を見せてもらっている方です。

その遠藤さんは1日3回のブログ更新を
三年間萬行されたこともある方で
最近は1日1回にこそなっていたものの
定期的に発信された方のブログでなんと!

「ブログを毎日書くな!」

という、衝撃的な発言!
正直、

「あ〜、やっぱり書くの疲れてんだろうな〜」

って思った、遠藤ファンも多いハズ(笑)
でも、遠藤さんがほんとうに言いたかったのは

毎日書くこと(量)に追われてしまって
ブログ記事の質が下がってしまっては
本来の意味が薄れる

という事だったようです。
もちろん、質の良い記事を毎日書くのが
一番いいに決まっています。

だから、毎日の習慣をつけて
日々自分の自分らしい視点で
読んでもらえる記事を書けば
1番理想ということですね。

もちろん、書くことも重要ですが
遠藤さんが言いたかったのは
視点や伝える内容の質ということだったと。

でも実際に、なんぼ良いこと書いても
読んでもらえなかったらしょうがないよね。

なので、SNSでコミュニティを形成して
その仲のいい皆に読んでもらって、広めてもらって。

買って下さい
来て下さい
イベントに参加して下さい
うちの宿に泊まりに来て下さい
うちの整体をどうぞ
うちのエステをどうぞ
うちの着物を買って

という、お願いタイプの記事は
もう、ほぼほぼ読まれなくなっちゃうんだろうな〜
だとしたら、どういう事を専門家として伝えるべきだろう。

考えればキリがないですが
読んでくれた人が

あ〜、ためになったなぁ〜
参考になったよ
困ったときに読んで、問題解決です

という、お困りごと相談的なものが、
1番分かりやすいかもしれません

あとは、
自分の仕事について
自分の店の歴史について
従業員について
取扱商品について
商品の背景
作っている人の顔・背景
自分たちの家族
自分の好きなこと
最近のハマリゴト
そして何より、自分の得意分野
なんかが、理想なんでしょうね〜

今後も遠藤さんのブログから
色々と学ばせてもらいたいと思います

 という事で、今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残るきもの記念日をお届けするきもの専門店
= = = = = = = = = = = = = = = = = =
布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#振袖 #成人式 #ゆかた #呉服 #着物 #着付

投稿者について

名物専務
地元で安心と信頼ナンバーワンの感動きもの専門店の布施弥七京染店と
山形で一番おしゃれな着物専門店のやしち屋がお送りするブログです。
着物を通してお客様に最高のきもの記念日をお手伝いして
最高の思い出作りと感動の瞬間をお届けさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です