電通の鬼十則から見ると、個人事業主はブラック企業なのか?

こんばんは〜
こちらをお届けするのは音楽・温泉・読書・SNS・スポーツ、
そして人とのご縁が大好きな専務 布施将英(@meibutsu_senmu)です。

さて今日はこんな会社の掟から

電通 鬼十則

1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。
6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。
7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

主体的に取り組もうとする時には
必ずこういう姿勢が必要というものばかり
でも、生産性や効率・労働環境を鑑みると
NGという場面が発生する。

果たして一体、何が正しのか
何が正義なのか、分からなくなってくる。

という事で今日のブログです

電通の鬼十則は、いけないの?

※写真はイメージですimg_5945

わたくし只今43歳。
おかげさまで順当におっさんになっているわけで
今まで以上老化が加速する世代に入っているわけです

そんな中でも、店を切り盛りしていくわけで
お陰さまで一緒に働いてくれるスタッフがいますし
家族も一緒に、みんなで頑張っています。

そんな中で、電通の鬼十則までは行きませんが
個人事業主が会社を存続させるにあたり
やらなければいけないものは
マストなのです

会社を潰さないためにも
しなければいけないことを
しっかりやらなければいけません

そこには、労働基準法も何も
存在しない領域です。

仕事を継続するというのは
それくらいの覚悟がないとイケないと思うのです

もちろん、程度塩梅もありますが
非常に覚悟が必要とされます。

そんな中で、今回
電通の事件を受けて、鬼十則の掲載自粛との事。

人が1人なくなっていますので
申し上げる重大さは深刻ですが
あくまで、私の私見です。

やるべきことをやらなかったら
潰れてしまうんです。

サラリーマンで
自分の所属する企業に
不満タラタラで愚痴言ってるなら
いっその事、起業した方がいいと思う

経営とは、戦いなのです
其の中で、意識・取組姿勢の維持は重要です

僕は電通さんの鬼十則は
本当に素晴らしいと思います。

僕自身、自分がやるべきことを
もっとシッカリやらないとなぁと
改めて思った次第でした。

という事で、今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残る
きもの記念日をお届けするきもの専門店

= = = = = = = = = = = = = = = = = =
布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
http://mag.kimonokinenbi.com/2018/06/11/611/
主に着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。ブログは2008年からスタートしており、合計4000記事超えで毎日更新中。ココ2年ほどは、ようやくまともな着物屋さんのブログになってきました。
趣味である音楽やDJ・は、!stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。また読書も好きで、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitter・Youtubeも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です