読書から思ったこと「昔の人の言葉は、重みも深みも段違い」

僕はタイプとして「左脳的に理解して、右脳的に物を言う」人間です
それを踏まえた、僕なりの読書考です

着物を通して素敵な思い出作りをお手伝いをモットーに
音楽・温泉・読書・SNS・スポーツ、そして人とのご縁が大好きな
布施弥七京染店・やしち屋の専務 布施 将英(@fuseyashichi)です。

音楽も落語も書籍も
古典には、力がありますね。
この本を読んで、なおそう思いました

昔の人の言葉は、重みも深みも段違いです。

昔の人の言葉だったり
じいちゃんばあちゃんに言われたことだったりというのは
言葉の重みも深みも段違いだったりしますよね。

今回の風姿花伝では
上手は下手の手本
下手は上手の手本
という言葉が、心に残りました

最初の句、「上手は下手の手本」は、ごく当たり前のことですから、置いておき、 後半の部分について考えてみると。上手な人が下手な人のやっていることを見たり 聞いたりして、自分もこんな風にやっていないか、を考えさせられたり、それを やらない為には、何を注意すべきかなどを、知る材料になることが多い、ということかと思われます。 特に、芸に集中し、真剣に取り組むべき心構えを言ったことわざのようです。

ついついビジネス書が多くなりがちな読書ですが
小説系はほとんど読みません。
悪い習慣だとは思っていながらも、ついね汗

で、ビジネス書に関しては
いろんなものが出尽くしていて
読みきれない現状が続いてます

で、ビジネス書って、9割型が
大企業向けの本だったりすると思うのです。
だから、ウチのような零細企業がビジネス書を読む時に
こう分類しています。

緑文字のビジネス書は
心のビタミンみたいな本になります。
書いた方の人生観が出るような本です。

黄色のビジネス書は
マネジメントする人や管理者向けで
目標達成する40の方法とかですかね

水色の部分は、HOW TO本
マニュアル的な参考書
戦術論な本

黒文字は入門編
こうしましょう・ああしましょう的な。

で、全体的に俯瞰した赤文字。

あとは、山とは〇〇である的な
至極個人的な話

こうやって分類してから
読むようにしています。

あまりにも戦術的すぎるものは
読んでもしょうがないですからね〜

パソコンで見る記事もいいけど
書籍に触れる時間って、一定程度確保しておかないとね〜って
改めて思いました。

 

====================
今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残るきもの記念日をお届けするきもの専門店
====================

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です