着物業界と、人工知能「Ai」の関係について

2017年の展望を耳にした時に
必ず出てくるであろう単語です

着物を通して素敵な思い出作りをお手伝いをモットーに
音楽・温泉・読書・SNS・スポーツ、そして人とのご縁が大好きな
布施弥七京染店・やしち屋の専務 布施 将英(@fuseyashichi)です。

色んなニュースで今年の展望などをやりますが
まず直近は、トランプの就任会見から始まり
株価の二万円ライン
為替は、円安のままなのか
自動運動機能は、どこまで進化するか
アマゾンの自動お買い物システム
VRの進化
松坂屋銀座跡地
豊洲市場の行方
小池東京政権

などなど、様々注目はありますが

決まり切って出てくるのがこちら
これについて着物屋との関係性を書いてみます。

そもそも人工知能「Ai」って、どうゆうこと?

必ずといっていいほど出てくる今年の注目株

「人工知能 Ai」

そもそも人工知能というのはですが

人工知能(じんこうちのう、: artificial intelligenceAI)とは、人工的にコンピュータ上などで人間と同様の知能を実現させようという試み、或いはそのための一連の基礎技術を指す。

ただの人工的な行為ではなく、
そこに人間同様の知能を持たせる基礎技術

え!?まじすか!?
どんどんそうなっていくんですか!?

とお感じの方は
自動運転システムの進化を見れば
否応にも「人工知能 Ai」の進化を
納得せざるを得ないでしょう。

厳密に言えば、こういうことのようで

ある一定程度のビッグデータがあって
ビッグデータが状況を解析して
次のアクションを予測して指示し
Aiに基づくアクションを行う

すごい技術ですね〜
実際に考えて、驚くものがあります
リアルに家庭へあてはめて言えば

腕につけた時計は、深夜の眠りとその他を測定している。
トイレの回数/熟睡度合い/睡眠時間
そして、血圧/脈拍/血中酸素濃度
血中アルコール濃度/体内水分量
いずれも常に計測されている。

どうやら計測の結果から言えば
本人の体調は、軽度の二日酔いと解析される
朝起きて30分後に炊飯ジャーでご飯が炊きあがるが
人工知能搭載の炊飯器は
前日の体調を反映して、普通の白米でなく
弱った胃腸を考慮して、自動で五分粥をチョイスした。

そんな一連の事が、近い未来に起こるかもしれない。
そのきっかけの年になるというのが
2017年だというのです。

本当にすごい事ですね

では、着物やさんにとってのAi活用はどうでしょう。

着物業界と、人工知能「Ai」の関係

着物屋さんと人工知能の関係性ということでは
一体どういうことになっていくでしょう。

先ほどの表で言う所で言えば


まずはその案件に対するビッグデータがあって
お客様に応じてビッグデータを解析して
次のアクションを行う

着物屋さんで言う所の

「お客様との営業活動」
「お客様への商品提案」

の2点で活用できると思う。
お客様の動向/趣味嗜好/流行の傾向/商品の歴史/生産状況を元に
相対するお客様の情報をビッグデータで解析して、提案する

いわゆる提案接客業をする事が出来るという事
これは着物業界に限らずにこれを適用する事になるんだろうな。

いやいや、プロの勘や経験は、データにはできないよ!
そんな、職人的な感覚も、パソコン使ったデータに、負けるわけがないよ!
特に、うちの業界(僕で言えば着物業界)は特殊だから
そんなものが通用するわけがない

そう思う人もいると思います。
実際に、うちの業界では、売れている人は
本能的に人工知能がやっている事を、勘と経験でやっているんですから

でも、なかなか営業人員を採用できない環境で
営業を志す人も少なくなって
労働人口も生産人口も減っていく環境下で
「うちの業界はね〜!」なんていう専門的な所に
就労人口が増えていくとは
思う事すらできないわけです。

だから、ひょっとすると
着物屋さんに行って、
人工知能を搭載した人型ロボットが
お客様に商品提案をする時代が来るのかもしれません。

その時にはまだ、
ロボットが着付けを出来ませんので
VRの技術を使いその商品を着たような映像で
接客して商品提案する。

そんな時代が来るのかもしれない。
専門性の高い職種ほど、重宝されるかも知れませんね。
でも、きっとマシンが高いから、
うちのような零細ショップには、
買う事はできないんだろうけど。

布施弥七にとって、「Ai」とは

経験と勘と気遣いが、
着物屋さんの名物営業さんの必須項目であるのは
どの着物屋さんも、疑う所がありません。

うちの業界では
非常に儲かっている所ならば

「Ai搭載の人工知能で接客」

というお店も出てくるかもしれませんが
ま〜〜ず高いから、あと20年は採用しないだろうなぁ汗(笑)
でも、人口減少により、導入の必要に迫られる時代になるかも知れない。

うちは今、創業369年
創業400年の頃には、売り場に人工知能搭載のロボットが
一生懸命感情を解析しながら頑張っているかも知れない。

たった今でいう所のAiだとすると
まぁ〜コレになるでしょうね〜(笑)
専務は、ワープロソフト使えないので
もっぱらコレのヘビーユーザーです

はい、気持ち良く落ちた所で
今月いっぱいは振袖展開催中です。
来年ご成人の方には、過去最高のご成約特典が!
詳しくは、お店にお問い合わせください☆

来場予約
====================
今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残るきもの記念日をお届けするきもの専門店
====================

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です