三部作の最終章 派手な着物の伝道師 田中さんTweetから思うこと

着物といえどもファッション感覚で楽しむ見本!!
北海道の男前の登場です!

着物を通して素敵な思い出作りをお手伝いをモットーに
音楽・温泉・読書・SNS・スポーツ、そして人とのご縁が大好きな
布施弥七京染店・やしち屋の専務 布施 将英(@fuseyashichi)です。

三部作の最終章 派手な着物の伝道師 田中さんの続きです

突き抜けて楽しむ感じ、ホントすごいよね☆

先日開催されたエクスマセミナーで、
田中さんのTweetがとても参考になった
男前着物屋さんの田中さんに関するブログ三部作
いよいよファイナルです。


「SNSで発信している時間はない?冗談だろ。」
今の短パンが言うとより重みがある。
やった方がいいと思っていて。
やれない言い訳は誰にもできない。

短パン社長というのは、こういう人
えらい突き抜けている人
でも、突き抜けていることが本質ではなくて
アナログ営業・人を思う気持ちをSNSでやってる
そんな感じの人です

“常識から逸脱した壮大な夢を持とう”
努力したら夢は必ず叶う!…それは嘘。
でも大きな夢に向かって努力すると、
必ず大きく成長する!!

実際にこれをすごく感じています。
ランチェスターの栢野さんもよく言いますが
ナポレオンヒルのような、「思考は現実化する」という
右脳タイプだけではだめ。
行動があって当たり前なのに。


ビジネスの目的は利益を出すことではなく、
仕合わせを作り出すこと。
その為には”人柄”が大事。
調和を意識して真理に沿って仕事をすれば
利益は必ず後からついてくる。

モノを売らずに自分を売っていけば
仕事が付いてくるという様なことを
仕事を始めた頃に、大番頭さんから叩き込まれました。

そして

「好きなことをする」

「モノを売らないで自分を売る」

「人の役にたつ」

きっと、商売の本質は
こういうことなんだろうと思う

そして、最後に個人的な所感。
みんな、一生懸命やっているんです。
はい、今回新横綱になった、まるで稀勢の里。
日本人の感覚というのは、努力根性気合という浪花節。
だからこそ、今回の稀勢の里が、国あげて喜ぶわけです。

ですが、21世紀になって
ここまで時代環境が変わってきた時
これからは、青山学院大陸上部の
スタイルであるべきだと思うんです

箱根駅伝
どの学校も、一生懸命に努力してきてて。
気合と根性も満載なわけです。

でも、そこでね
ラフにやるというか
ゆるく演じるというか
楽しんでいくというか
そこが大事な時代になったんだなぁと
個人的に思っています

三部作お付き合い頂きありがとうございます
エクスマの藤村先生
講師の先生方
そして、派手な着物の伝道師田中さん

ありがとうございました
====================
今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残るきもの記念日をお届けするきもの専門店
====================

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です