仕事と書いて、◯◯◯◯と読む。この答えで自分の取組姿勢を見直してみる。

今日は着物屋さんでも何でもない
人として、こんなことを感じるという話です。
暑苦しく感じた方、ココで、ご退出下さい(笑)

着物を通して素敵な思い出作りをお手伝いをモットーに
音楽・温泉・読書・SNS・スポーツ、そして人とのご縁が大好きな
布施弥七京染店・やしち屋の専務 布施 将英(@fuseyashichi)です。

僕は取組姿勢という言葉が好きです
今日は仕事に取り組む姿勢について書いてみました

この質問の答えが取組姿勢になっていくのだと思います

わざわざ毎度毎度、私のブログをお読み頂きありがとうございます。今日はちょっと仕事の姿勢について書いてみようと思います。

あ〜〜、めんどくせ〜〜と感じた方

今すぐ引き返して下さい
大したことを書いていません
自分自身のために書いているような記事です。

さて、改めて
上記の写真です

「仕事と書いてなんと読む」

これについての答えが
皆さんの仕事に対しての姿勢ということになると思います。一般的に大きく分けて、仕事ということに対して、前向きに取組む方とそうでない方がいて。主体的に取組む方と受け身な人がいて。

環境がそうさせるのか、立場がそうさせるのかわかりませんが、この答えについての答えで、随分と見え方が変わってくると思います。そんな中で、前向きな人たちの答えだとすると

という人も居るでしょう。
コレは自分の好きなことが仕事になっている人。
最高ですよね〜。お給金がどういう状態なのかわかりませんが、こういうフィールドは、もう、言うことなしで最高ですよね〜

こういう方の場合は、職人的なセンスをお持ちなのかもしれません。生まれ持ってしての才能を活かしておられる方や、半端なく仕事に充実感をお感じの方も、こう感じる傾向にあるようです。

この座標で仕事されている方は、もう究極ですね。
ありがとうございますm(_ _)mって感じです。

さて、この逆の人もいれば、もっと崇高な姿勢の方もいれば様々お出でなのかと思います。コレは価値観であって、人に押し付けるものでないわけですから、

「あ〜、自分はこう感じて着るんだな」

くらいの程度でいい、僕のブログ記事です。
で、最後に、僕はどうかというと、コレです。

自分の適正を活かす場所で仕事させてもらって、本当にうれしいです

僕の場合は、こんな感じです。
自分の仕事って、生まれたときから身近にあったモノです。
いわゆる、門前の小僧というやつでしょうか。だからすごく自然だし、普通。あることが当たり前な感じです。

で、仕事と書いてなりわいという理由は

自分の得意な部分が、人とコミュニケーションする事

そのコミュニケーションを使う場所が仕事の場所なので
なりわいと感じる次第です。
仕事って言うからおかしくなるのかもしれませんね。(笑・汗)
僕の場合は、こんな感じの取組姿勢だったりします。

もし今、自分の仕事に不安や不満を持っていて
環境を変えたいなぁと思っている方がいたら
自分にこの質問をしてみて下さい

自分の得意なことが仕事のフィールドになっていれば
アナタは実に素晴らしい環境に身をおいていると感じます。

また、楽しみというのは、あるものでなく、感じるものです。
今の環境がよくないから、環境だけ替える。ということでは
ず〜〜〜っと、環境だけ変えて、転職経験が身につくばかりです。

目の前に、すでに存在するものに、感謝の気持ちを持って
今の現状を楽しめる・面白がれるように
そして、何よりも

アナタ本来の強みを、充分に発揮できますように☆

最後に
私のこの投稿を、親が見たら
「もっと一生懸命、商売しなさい」って、言うだろうなぁ〜(笑)

====================
今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残るきもの記念日をお届けするきもの専門店
====================

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者について

名物専務
地元で安心と信頼ナンバーワンの感動きもの専門店の布施弥七京染店と
山形で一番おしゃれな着物専門店のやしち屋がお送りするブログです。
着物を通してお客様に最高のきもの記念日をお手伝いして
最高の思い出作りと感動の瞬間をお届けさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です