山形の蕎麦名人が話してくれたスキル論、勉強になりました。

先日音楽オールスターズのような夜会が開催されました。
その時においでだった、蕎麦名人と着物の話になりました。

こちらは着物を通して素敵な思い出作りをお手伝いをモットーする
布施弥七京染店・やしち屋の専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)です。

前々から思ってましたが
蕎麦と着物って、すごく似ていると思うんです。

蕎麦と着物というか、
正確に言うと、着物というよりも、

着付と蕎麦打ち

という事なんです。

着付けというのは、着物を着る時の最終工程。
どんなに素敵な着物だって上手に着付けしなきゃ
大事な着物が台無しになっちゃうんです。

そばだって、どんなに上質のそば粉と水で打っても
肝心の蕎麦粉を操る手の質が低ければ
美味しく出来るはずの蕎麦も台無しになります。

つまりは、専門スキルによって
良い物だって、悪くなっちゃうという現象。

いろんな専門職のフィールドにある話だとは思いますが
職人センスの仕事を求められる物に関しては
こういうケースは多々あると思います。

そこで、私が厚かましく質問しました。

「良い蕎麦を作るために、そば粉&水とスキルで、重要度を10で分けるとどうなるでしょう?」

とこの蕎麦名人に質問したのですが
その名人がおっしゃった答えに驚愕です。

材料が9で、蕎麦打ちスキルは1です

え!9:1??まじっすか?
スキルが1って事は、材料が大事?

ここからわかった事は
蕎麦名人は、蕎麦打ちが上手なんて当たり前という領域で仕事をされてる事がわかります。そしてなおかつ謙虚であられる。素晴らしい人格の蕎麦名人です。とはいえ、えらいふりしないし、素材を立てるし。

なんかすごいなぁ〜って思いました。
蕎麦名人のお店にお邪魔して
お蕎麦を食べに行ってこようと思います。

====================
今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残るきもの記念日をお届けするきもの専門店
====================

布施弥七京染店
〒990-2495 山形市若葉町4-6 023-622-6317
布施弥七京染店フェイスブックページはコチラ
布施弥七京染店ツイッターはコチラから
布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
http://mag.kimonokinenbi.com/2018/06/11/611/
主に着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。ブログは2008年からスタートしており、合計4000記事超えで毎日更新中。ココ2年ほどは、ようやくまともな着物屋さんのブログになってきました。
趣味である音楽やDJ・は、!stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。また読書も好きで、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitter・Youtubeも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です