新藤酒造「九郎左衛門」

有名な酒蔵の大将と一緒に

こちらは着物を通して素敵な思い出作りをお手伝いをモットーする
布施弥七京染店・やしち屋の専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)です。

先日の同窓会での一コマ
学年から21名参加のみんなは、そのまま17名が二次会へ。
大変結束の強い我々の学年。
ふと一コマ

新藤酒造の社長と

高校の同窓生です。
高校時代はつながりがなかったものの
同窓会からご縁をもらいました。

はい、新藤酒造といってピンとこない方には
こちらのお名前をご覧いただくと、いいかもね。

いいものを作れば売れる

昔はもそうなんだろうけど

今の世の中、ほぼみんな良いもの。

だとすれば

「丸丸で金賞受賞」

というと、売れるんでしょうか。

違う気がする。

では、丸丸大臣賞受賞というと

売れるんでしょうか。

これもまた、違う気がする。

商品に見められた物語がブランディングになる

きっと、今の時代は良いものがあふれています。

そんな中でものが売れて行く時って

1 商品が持っている物語が共感を産んだ時

2 自分の仲いい人が商品を勧めてくれた時

3 有名人がその商品を愛用して使っている事がわかるもの

といった時に商品が売れて行くんでしょうね〜
特にこの新藤酒造さんは、

しっかりじっくり良いものを作り
各界から商品の素晴らしさを賞賛され
なおかつ商品量が少なく
普通では手に入りズラい

という、
鉄板の黄金律をお造りです。
その若手社長の経営論を聞いた時
非常に興味ふかく共感できました。

同窓会では、経営者の話を共有できるのも
醍醐味の一つだと思っています。
ご縁に感謝です。

 

====================
今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残るきもの記念日をお届けするきもの専門店
====================

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です