東北はもともと着物の産地でした「みちのく探訪ツアー」

この度は、みちのく探訪ツアーに行ってきました。
そして素敵な商品に出会ってきました。

こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店・やしち屋の専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。

今回は、経営者の中でも一番深いおつきあいをさせて頂いている
同窓生の先輩経営者と一緒に旅をしてきました。
同学年にもかかわらず、非常に志をしっかり持たれて
素晴らしい社長として地域貢献されてる方です。
話せないことがない仲間なので、話題は尽きません(笑)

高原リゾートの中で
夕涼みをしながらの白ワイン。
涼しい風が吹いてとってもいい感じでした。

東北はもともと着物の産地でした。

そもそもですが、昔は自分のうちで、繭を買って糸を作り
冬仕事として機織りをしたのが、東北地方の文化でした。

ご多分に漏れず、山形・福島などでも盛んで
米沢では上杉鷹山公が、絹織物を奨励しましたが
産業としてではなく、自分のうちの雑巾を自分で縫う感覚で
どの家でも機織りをしていたそうです。

その文化がしっかりと残っていると
産業として移行していったようです。

また、上杉鷹山公の奨励品以外は
日常着がほとんどだったため
綿織物が多かったようです。

当時、繭を自分のうちで買って
絹糸を売って生計の足しにしていたのは
とっても有名なお話ですね。

会津地方で未だに色濃く残っているのは
会津木綿

ベーシックな縞柄が特徴です。
日常着として、木綿の着物を作る反物ですが
最近は、この反物でバックを作ったり、小物を作ったりも多いですね。

この感じで行けば、ご当地山形米沢のコチラも超有名です!

鷹山堂・米織小紋さん
素敵な小紋の綿織物を、色んな小物にしてお作りされています。
見せ方も、すご〜〜く上手ですね〜

山形にもこんなに素敵な小物やさんがあるんです。
東京の百貨店さんのお祭りだったり
ハイセンスな売り場にも人気の米織小紋さん

今年の秋には、コチラの店とコラボの予定ですので
ぜひ、お楽しみにお待ち下さいね〜〜

====================
今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残る
きもの記念日をお届けするきもの専門店の
名物専務がお送りする、きものあれこれブログです
====================

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
http://mag.kimonokinenbi.com/2018/06/11/611/
主に着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。ブログは2008年からスタートしており、合計4000記事超えで毎日更新中。ココ2年ほどは、ようやくまともな着物屋さんのブログになってきました。
趣味である音楽やDJ・は、!stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。また読書も好きで、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitter・Youtubeも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です