ゆかたを着た後のたたみ方・着たあとのお手入れは、こちらでオッケー

いよいよ8月になりました
そしてゆかたシーズンの到来です

ゆかたのなんとなく、基本的なことって
いちいち着物屋さんが教えてくれないし
結構わざわざこういうことって、聞きづらいよね〜〜w

そんなあなたに朗報です
ゆかたのお手入れはこうやってね〜〜

こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店・やしち屋の専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。

一般的な話ですが
最近は着物屋さんは着物を売るだけでなく

着物を着る着付のお手伝いに一生懸命です。
そして着た後のお手入れももちろん☆

最近は、浴衣のたたみ方の問合せも増加中

浴衣着たのは良いけど
自分ではたためないわ〜〜という方には
コチラの動画が親切かと思いますので、ご覧下さいね〜

ゆかたを着たのは良いけど
たためないときには、とっても重宝する動画です(^^)

浴衣を着るとき・着たあとお手入れ
両方共やしちにお任せ

浴衣を着て楽しんだあとは、お手入れが必要です。
だって、結構汗かいてるだろうからね〜〜。

という事で、お手入れを書いてみようと思います。

大きくは、ご自分でやるコースと、
やしちに任せるコースという分け方になるんだと思います

まずは着た後は、半日程度ハンガーに下げて
汗を書いた分を飛ばします。

ちょっとだけ着た程度なら
わざわざここでお手入れしなくても
もう一回くらい着ちゃって良いんじゃないかなぁ

で、しっかり汗を書いたとします。

では、自分でお手入れコースをご紹介

1 洗面台や浴槽・桶などに30分位浸す

2 軽く押し洗い・もみ洗いを

3 洗濯ネットに入れて、1分間脱水

4 手で、パンパンしながらゆかたの方にしながら干す

こんな感じです。
ただ、絞りの浴衣の場合は
絞りの風合いを殺してしまっては大変です。
専門に任せましょう。

では、やしちお任せコースをご紹介

1 やしち屋にお持ち頂く

2 二週間後、受け取る

こんな感じで、お手軽です。
お品物やコンデションによっても違いますが
だいたい2000円から3000円程度のお手入れ代です。

来年もゆかたを楽しく着る事が出来るように
しっかりお手入れしておいて下さいね〜

そして男女ともに新しい浴衣をお選びになるには
やしち屋山交ビル店が、全力でお手伝いします(^^)

ゆかたをお求めはコチラで(^^)

そして山形に旅行に来た方には
このコースがお手軽かもね〜〜

れんたるは着ものがたり

夏休みウルトラセール開催中

皆様それぞれに、ゆかたを楽しんで
素敵な思い出つくりが出来たら嬉しいです

====================
今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残る
きもの記念日をお届けするきもの専門店の
名物専務がお送りする、きものあれこれブログです
====================

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者について

名物専務
地元で安心と信頼ナンバーワンの感動きもの専門店の布施弥七京染店と
山形で一番おしゃれな着物専門店のやしち屋がお送りするブログです。
着物を通してお客様に最高のきもの記念日をお手伝いして
最高の思い出作りと感動の瞬間をお届けさせていただきます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です