「人の顔と名前を覚える簡単な方法!」は、営業・商売人としてとても重要で必須だね

今週も始まります
花笠最終日&今週末からお盆突入
ということは、弊店もゆかたラスト&振袖展という事です

一般的に子どもたちが夏休みモードでワイワイしてますが
大人の我々と言えば、通常よりも多用でワイワイしてます(笑・汗)
そして丁度この時期は、色んなお客様が店にお見えになる時期です。
そこで、私が大事にしていることです

こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店・やしち屋の専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。

基本的に営業や販売に携わる人は
お客様のお顔とお名前を頭に入れておく必要があります。

得意苦手もあるかも知れませんが
基本的にお客様とコミュニケーションを円滑にするため
一回お逢いして相対した方には、次回お会いする際に
なるべく名前で呼ぶ必要があると思っています。

出来る営業マンは顔を覚えるためにこんなことをしている

人の顔と名前を覚える簡単な方法!

基本的に商売する時に、
きちんと相手のお顔とお名前を思えていて
名前で呼べば

「お〜!よく覚えていたね〜〜!さすが☆」

ってことになるわけです。
でも、人の名前と顔を覚えるキャパシティって人それぞれ。
更には、人の顔と名前を覚えることが苦手な人も居る。

そんな中で、冒頭のもっともらしいタイトル

人の顔と名前を覚える簡単な方法

はい、コレは確実に言える方法が三つほどあります。
コレをすれば、きっと苦手なあなたでも
相手の顔と名前を思えることが出来ます。

1 知り合った人とSNSで繋がり、頻繁にやり取りする

2 お客様を、自分のお客様カルテに写真・イラストなどで、データにしておく

3 1&2を繰り返し、しっかりお客様を目にする機会を増やす

以上の3点が、簡単な方法です。
でも、いやぁ〜、無理なんだよなぁ〜という方は
そもそも、お客様に対する姿勢がおかしい。
自分がお客さんだったこと考えてみれば
どっちの担当印さんが良いかは、一目瞭然です。

天邪鬼な人がいて
顔なんか覚えられたらやだ
なんていおうものなら
ソレは1000人に1人の事故みたいなもの

基本的に上記の3つをしていけば
お客様のお顔とお名前を、しっかりと刷り込めます。

でも、目的が顔とお名前を覚えることでないことに
感度の良い方ならもうすでに気づいているはずです。

お顔とお名前を覚えている目的は

「お客様に素晴らしい接遇・応対をするため」

です。
顔を覚えることが目的だから、覚えられないんだと思います。
きっと、お客様に喜んでもらうことを目的にしたとしたら
すぐに顔も名前も入ってくるかもしれませんね。

さぁ、今週も頑張っていきますよ〜〜

そして男女ともに新しい浴衣をお選びになるには
そして、来年&再来年の成人式をむかえる方には
やしち屋山交ビル店が、全力でお手伝いします(^^)

ゆかたをお求めはコチラで(^^)

そして山形に旅行に来た方には
このコースがお手軽かもね〜〜

れんたるは着ものがたり

夏休みウルトラセール開催中

皆様それぞれに、ゆかたを楽しんで
素敵な思い出つくりが出来たら嬉しいです

====================
今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残る
きもの記念日をお届けするきもの専門店の
名物専務がお送りする、きものあれこれブログです
====================

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
http://mag.kimonokinenbi.com/2018/06/11/611/
主に着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。ブログは2008年からスタートしており、合計4000記事超えで毎日更新中。ココ2年ほどは、ようやくまともな着物屋さんのブログになってきました。
趣味である音楽やDJ・は、!stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。また読書も好きで、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitter・Youtubeも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です