【着物初心者に送る着物の保管の注意点】金銀箔が使用された帯の保管の注意点

先日ウチの店においで頂いたお客様の帯の金箔が
とある部分だけ茶色く変色していました。
着物屋さんが知っている常識の保管方法でも
一般的には全く知られていないんだなぁと。

普通はやっぱり、きもののタンスなんて開けないもんね〜
だから、着物がどうなってるのかなんて
数年に一回しか見ないよね

そして、帯がどうなっているかなんて
完全にノーマークの人が多いもんね〜〜w

今回は、コレはゼッタイやっちゃダメ!「着物の帯のしまい方」

こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店・やしち屋の専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。

今日は先日拝見したお客様の帯から感じたことを
着物屋さんとして書かせてもらいます。

帯をしまう時、コレだけはゼッタイやっちゃダメ〜〜!

帯というのは、97%が金銀糸の織物を含んだものになっています。
ごくわずか、金銀糸を使わない糸糸の帯だったり、正絹の生地に友禅加工した染帯だったりしますが、97%は、金銀糸が使われているものです。

その金銀糸、箔などの加工品は変色、剥離などの恐れがありますので
以下のことに注意して下さい。

  • 金銀糸、箔部分に、ショウノウは効果がありません。
    むしろ、害になることが多いので、多用しないで下さい。
  • スチームアイロンは避けて下さい。
  • 湿気の多い場所での保管は避けて下さい。
  • ゴム製品、防虫剤などと直接触れないようにして下さい。

丁度先日お持ちいただいた商品も
湿気の強いタンスの中に、しょうのうが強め。
金銀箔の部分が、茶色く変色していました。

意外に知られていないことなんですが
着物屋さんでは、購入時にアナウンスしてるんでしょうけど
なかなか浸透していないことなんですね〜。
という事で、ブログ記事にしてみました。

皆さんも、着物に風通すのと一緒に
帯も気にしてあげて下さいね。

====================
今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残る
きもの記念日をお届けするきもの専門店の
名物専務がお送りする、きものあれこれブログです
====================

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
http://mag.kimonokinenbi.com/2018/06/11/611/
主に着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。ブログは2008年からスタートしており、合計4000記事超えで毎日更新中。ココ2年ほどは、ようやくまともな着物屋さんのブログになってきました。
趣味である音楽やDJ・は、!stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。また読書も好きで、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitter・Youtubeも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です