専務が思う仕事観

昨日はうちのかみさんの誕生日。
五人家族のうち三人が8月生まれなので
いやはや賑やかな8月になりました。

会社や対外的には専務という顔ですが
うちの中では、非常にダメおやじという感じで
家族の皆さんからは、呆れられるような存在です。

今回は、私が思う仕事観です

こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店・やしち屋の専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。

仕事とは何ぞや!?人によって答えが違うし、立場によっても答えが違う

いろんな価値観の人間が世の中にいます。
同じ地域で過ごしていても、価値観は違いますし
同じ国で過ごしていても、言葉も習慣も違います。

国が違えばもちろん言葉から習慣から違うわけです。
ですから、同じ組織の中において、価値観の違う人が一緒に仕事をしていくというだけで、とても素晴らしく価値のあることなんだと感じるようになりました。そんな中で、個人的に思う仕事観です。

仕事とは

1 生活のため

2 自己実現のため

3 社会貢献のため

と、働く人にとって色んな価値観があります。
石工の話にもありますが、内的要因で働くよりは
外的要因が働いたほうが、視野が広くなります。

仕事観というのは与えられるものでなく
自分自身が見出すものだと思います。
だから、上記の価値観から行くと

1 職業へのこだわりはなく、生活のために働いています。

2 職業への誇りを持って、お金以上の価値を見出して働いています。

3 自分が働いた結果、多くの人が喜ぶことを思いながら働いています。

という区分なのかなぁと思います。

また一方では

使命

宿命

立命

天命

とあるかと思います。

色んなマインド・姿勢があって仕事に打ち込むのだと思いますが
やはり、安定して全体的に言えることは

信頼と責任

という事になると、個人的に感じています。
パーソナルな話で言えば
個人の根っこがどれ位太く深く地にはっているか
という事になろうと思います

私自身まだまだなものですから
精進していきたいと思います。

====================
今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残る
きもの記念日をお届けするきもの専門店の
名物専務がお送りする、きものあれこれブログです
====================

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
http://mag.kimonokinenbi.com/2018/06/11/611/
主に着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。ブログは2008年からスタートしており、合計4000記事超えで毎日更新中。ココ2年ほどは、ようやくまともな着物屋さんのブログになってきました。
趣味である音楽やDJ・は、!stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。また読書も好きで、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitter・Youtubeも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です