【着物初心者に送る】着物に関する話題のツイートから思う

今日は初めてですが、着物に関する話題のツイート紹介

着物に関するツイートって調べてみると
結構いろいろある事に驚きました。
着物屋さんからの発信じゃなくって
一般的なユーザーの発信だから
話題になっているんだと感じます

今回は、話題のツイート

こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店・やしち屋の専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。

今日のお題は、こんなツイートがバズった話。

個人的にいろいろと感じる事がありますが
いろんな反応がある事に驚きを感じました。

和服が衰退した理由

ツイートの本題はこんな感じです。
皆さんがどんな風にリプライしたんでしょうか?

「着物警察」みたいに突っ込む人がいることが
お嫌いな方は、多いかもしれませんね〜

あ〜〜、これは分かるな〜〜
うちなら、活かす方法を伝授してます

私の周りは、大分自由度が高い人が多いですけどね〜
安物呼ばわりとかは、ほぼ皆無の気がします

こういう感じが、とっても理想ですね
素晴らしいスタンスです

私は、TPOさえわきまえれば
何したっていいと思うんですよね〜

なんとも、上手い事言うな〜〜
言い得て妙です

この人の、日本のいいところと悪いところの視点。
なるほど〜〜って、思った。

この方、わかったらっしゃる
そうそう、かっちりしすぎというか
フォーマルのイメージ強いですからね〜

お手入れは洋服以上にコストがかかりますね
それは確かに歪めない。

わたしが完全にこの男性の感じです。
気楽に着ていますよ(笑)

ま〜、いろんな皆さんのコメントがありますね〜

1 いちいち着物姿にケチつけないでという、アンチ着物警察派

2 お手入れコスト高などメンテに支障を感じるという、管理に問題派

3 お堅い着付を余儀なくされた、アンチ窮屈派

4 ありがたい、文化推奨派

いろんな意見がありますが
着物屋さんにしてみると、
色々と考えさせられる物です。

さて個人的な意見は

1 最近は着付けに色々と細かいお小言を言う「着物警察」みたいな人はいなくなってますよ。少なくとも山形市では、そういう方がほぼおいででないイメージです。

2 フォーマルシーンの着付けの場合は、着崩れしないように補正をします。自由度の高いカジュアルの場合は気楽にゆったりで良いですが、フォーマルの場合はきっちり着付けして差し上げないと、お客様自身に迷惑がかかります

3 とにかく、自由に着て良いんです。9月に入って単衣だか袷だか微妙な時期に、カジュアルな場所では浴衣でも良いんです。9月にカジュアルシーンで短パン着ている人がいて、なぜ浴衣を着ている人だけなんやかんや言われないといけないんでしょうか?

4 うれしいばっかりです(笑)

とにかく自由に着て欲しいと
私は前々から申し上げています。

フォーマルシーンではある一定程度の定規がありますが
カジュアルシーンでは気軽に着てください。
何か気になる事があれば、私に相談してください。

 山形で一番ゆるく、着物のアドバイスをさせてもらいます(笑)

====================
今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残る
きもの記念日をお届けするきもの専門店の
名物専務がお送りする、きものあれこれブログです
====================

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
http://mag.kimonokinenbi.com/2018/06/11/611/
主に着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。ブログは2008年からスタートしており、合計4000記事超えで毎日更新中。ココ2年ほどは、ようやくまともな着物屋さんのブログになってきました。
趣味である音楽やDJ・は、!stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。また読書も好きで、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitter・Youtubeも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です