お彼岸に「黒紋付がなぜ縁起いい!?」

今日はお彼岸の中日。
そして、うちの会長の誕生日です。

今日はお彼岸ならではのお知らせを ^ ^
ちょっと昔ながらの言い伝えを含め書いてみました

今回は、なんでお彼岸に紋付を用意するの?

こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店・やしち屋の専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。

着物屋で育ったものですから
こういう「昔の人が言った言い伝え」的なものを
他の方より、ちょっとだけ知っている名物専務です
という事で、皆さんはこのチラシの

「お彼岸に紋付を買う意味」

をご存知でしょうか?
正直、ご存知の方は
100人中5人とかいうレベルではないでしょうか。。。

正直、「知ってるから、何なんだよ!!」

というレベルの知識でもありますが汗

という事で

「お彼岸に紋付を買う意味」は大きく三つ

img_4534
===================

「お彼岸に「仏物を買う」こと自体が、縁起が良いとされる」

「本来お守りである紋付はだから、この時期に揃える」

「3月だと寒染という時期的な優位性がある」

(大寒の時期に染めた色の良い黒紋付が上がって来るのが、この三月のお彼岸時期)

===================
そもそも、お彼岸とは

ご先祖さまや自然に感謝をささげる仏道精進の期間で日本独自の仏教行事です。
お彼岸にはお寺の法要やお墓参りに行き、
亡き人へ思いをはせ、感謝のまことをささげる期間。

===================
ですから、この時期にご先祖様に関するモノを用意することは
非常に縁起の良いこととされているのです。
という事で、9月のお彼岸には、
店内には、紋付・念珠・パール・ブラックフォーマルと
慶弔に関するものが勢揃いです。
お彼岸を迎えるこの時期に
黒紋付はもちろんのこと
色無地や、黒の名古屋帯
という着物関連はもちろん
黒の礼服(ブラックフォーマル)
パールのネックレス
珊瑚のお念珠
黒の礼装用バック
などをご用意して
皆さんのご来場をお待ちしています。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-20-12-56-09
また今週末は、旭ヶ丘展示場にて
振袖の写真撮影会も同時並行。
慌ただしく賑やかに、9月を過ごしています。
img_4667

うちの鈴木チーフはじめ
スタッフ全員でお待ちしてま〜〜す☆

====================
今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残る
きもの記念日をお届けするきもの専門店の
名物専務がお送りする、きものあれこれブログです
====================

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です