男の羽織裏には、素晴らしい美学があるんです

男の着物メンバーが、徐々に増えてます。
そして話になるのは羽織裏です。

昔の学ランの裏みたいな話ですが、
こういう文化というのは
江戸の男の粋さ加減が
流行になったものです

今回は、男の羽織裏です

こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店・やしち屋の専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。

羽裏と額裏の違いについてご説明いたします。

イメージとしては、、、、
不良の学ランの裏地といったところでしょうか。。。
こんな例えをすると歳がばれてしまいますね汗(笑)
ビーバップ世代には、非常に分かりやすいかと思います

羽織の裏について

羽織の裏地に用いる生地のことを総称して「羽裏(はうら)」と呼びます。その中でも一枚の絵柄のようになっているものを「額裏(がくうら)」

と呼びます。額裏は絵柄を大胆に見せることができるのも特徴で「絵羽(えば)」とも呼ばれています。
表はサラリと装いながら、裏には個性を出している!シンプルな表地の多い着物だからこそ、余計に遊び心を掻き立ててくれるのが羽裏です。
そんな自己満足に陶酔するのも男着物の楽しみです。

「江戸の裏勝り」

こういう単語もあります。
大人の男の洒落心をくすぐるユニークで遊び心ある羽裏。
外観はそれほどではないのに、人目につかない部分に手間をかけ、お金をかけたりすることを、”底至り(そこいたり)”といいますが羽裏もその一つです。
表よりも裏地に凝ったものや、色の鮮やかなものを使ったものを

”裏勝り(うらまさり)”と呼びます。

江戸時代、幕府がたびたび奢侈禁止令(贅沢禁止令)を出し、派手な着物を着ることが出来なかった時代がありました。人々は、どうにかしてお洒落をしようと考えから、豪華な絵柄を裏地や長襦袢に忍ばせることが流行し、『裏勝り』の美学に昇華していきました。
見えない裏地のお洒落が「粋(いき)」として日本人に定着」その名残が現代に引き継がれ裏地に凝るようになったわけです。

男性の着物は無地や地味な柄が多いのですが、このようにみえないところを徹底的に凝るのはセンスの良さや美意識を感じずにはいられませんね。

また羽裏は単なる絵柄を楽しむお洒落としてでなく機能的にも脱ぎ着しやすくする為の役割ももっています。そのため「肩すべり」とも呼びます。

こんなことを知ると、さらに羽裏選びが楽しみになりますね

 

====================
今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残る
きもの記念日をお届けするきもの専門店の
名物専務がお送りする、きものあれこれブログです
====================

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です