職人肌の新感覚「鶏そば遊喜さん」に行ってきました

皆さんこんにちは(^^)
弥七の男性陣は、麺喰い。
特にラーメンはそれぞれにお気に入りがあってね〜(笑) 


山形は、全国でも日本一の中華麺消費量!
thin-01-800x600

山形市ではアタリマエのことだとしても、コレが想像以上に全国的に認知されていないということは驚きの事実ですね。まぁ〜そこがまた山形らしいということにもなるんですけどね。もっと、宣伝しないといかんですよ。
そもそも山形県には 昔から「中華そば文化」という食文化が根底にあります。お蕎麦屋さんでもラーメンがデフォルトで存在。さらにはそれを出前でとったという食文化が、山形のラーメンの底深さを後押しします。そんな背景もあって、非常に深く地域に根ざしたラーメン・中華そば。
地元の皆様の胃袋を預かる昔ながらの街なか地域繁盛店が多数お有りですが、新進気鋭の繁盛店も多数お有りです。今日はそんな新進気鋭の中でも、職人肌の気合入った一杯をご紹介
所在地: 〒990-2321 山形県山形市桜田西2丁目7−21
山形大学付属病院の北西にあるお店は、本来やきとり遊喜という、職人肌の技を見せる夜のお店
味覚が鋭いご主人が、自分自身ご納得の一杯をということで、試行錯誤しながら美味しい一杯を夜のお客様へも提供されておられましたが、昼の部でラーメンを出すという決断をされ先般オープンされました。
非常に清潔感の高いお店で、ぼくのうちも一緒にキレイにしてもらおうかと思うくらいにキレイです(笑)大将の人となりが伺える気がします。初めてお伺いしたものですから、まずは大将にご挨拶。非常にかっこいい男前。そしてオススメを聞いて、醤油そばを券売機から注文。
まつことしばし。今日は暑かったので、随分と水を飲みたくなりました。そしてなんとなくメニューを読んでいたら、え”””〜〜〜、おれ、醤油そばでよかったの!?(笑)
となりのページには、酒井製麺さんのびんびん麺の鶏そば
お〜〜、これも美味そうだね〜〜。でも、初めてのお店なら、大将にオススメ聞いたほうが絶対よろしいという過去エクスペリエンスから、迷わず待つこと数分。
やってきました!
ツヤツヤの柔らかい鶏と穂先メンマ。
がっちり来る醤油の香り。そして、好みのタイプの麺。
細角ストレートで、しっかりザクザクの歯ごたえ。このタイプの麺、好きです。中華麺というよりも蕎麦よりの麺な気がします。このガツンと醤油が来る美味いスープで無化調ってんだから、気合入ってますね〜。
これでも足りず替え玉的な「和え玉」をオーダー。これまた美味い。見た感じが非常に塩梅良かったので、写真も忘れてさっさと食べちゃった。とっても美味しい一杯でした。
どういう風に美味しいとか、どの醤油がどうのこうのという分析は全く出来ない私ですが、自分にとって美味しいかどうかが大事だなぁって思うんで、種明かしみたいな事は一切しないし書かないスタンスです
最近は山形市の北側にばかり居るので、久々の南地区。ゆうきさんに行って正解でした。
 

ぜひ皆さんにも、懐深い山形ラーメン文化に
触れて頂ければ嬉しいです。

鶏そば遊喜さん

所在地: 〒990-2321 山形県山形市桜田西2丁目7−21
= = = = = = = = = = = = = = = = = =
布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#振袖 #成人式 #ゆかた #呉服 #着物 #着付

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です