【着物初心者に送る】究極の着物の楽しみ方

今日紹介するのは、究極かもしれません

年末は着物を着る機会が増えていくような気がします。
そんな中で決定的な方法をおしらせします。

究極の着物の楽しみ方

こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店・やしち屋の専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。

はい!コレは、究極の楽しみ方です
きっと、コレ以上の方法が見つからないくらいに

着物の究極の楽しみ方です

それは、コレ!
そんな気がします。
実際にお茶と着物
コレに共通点があると思い
ちょっと書いてみます
なおこちらは、名物専務の所感で
業界のスタンダードではありませんのでご容赦下さい
お友達の素晴らしいお茶室にて
御茶会を開催させて頂いた時の事です。
一見するとお茶の世界というのは
お作法・お行儀がかくあるべきという
非常に硬い席かと思われますが
この気持が根底にあれば
無作法になることはないと思います
思う気持ちの程度や品格と言われれば
これは何ともいえませんが(笑・汗)
根底はここにあると思います。
お茶席にお招きする
亭主さんのおもてなしの気持ちが

掛け軸とお花とお庭に

招かれるお客様は

ご用意頂いたお庭を味わい
お菓子を味わい
お道具を大切にしながら
お茶を頂く
何回お茶碗をまわさなければとか
お菓子の取り方とか
食べ方とか
頂き方とか気持ちが動きになっていったわけで
その気持の動きが、素晴らしく神々しく

「道」

という形になっていくのかと。
つまり、心が先であるということ。

形は後でついてくると思うんです。

きものも一緒だと思うんですよね〜〜

こういう時にこういう着物を着なくてはいけない
という、おおまかなものはあります。

ただ、TPOに関する、べき論から入ってしまうと
非常に窮屈なものになると思われます。
第一礼装で出席するべき場合は別として
きちんとしたこの気持が
装いにあらわれていれば
全く問題ないとは感じているんです。ここを根底に持って楽しんで頂ければ
あまり堅い話にとらわれすぎずに
楽しんで頂けると思います。
皆さんの素敵な思い出つくりのために
ちょっとでも思い出つくりに寄与できれば嬉しいです。

====================
今日もお読み頂きありがとうございます
こちらは 山形で一番思い出に残る
きもの記念日をお届けするきもの専門店の
名物専務がお送りする、きものあれこれブログです
====================

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
http://mag.kimonokinenbi.com/2018/06/11/611/
主に着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。ブログは2008年からスタートしており、合計4000記事超えで毎日更新中。ココ2年ほどは、ようやくまともな着物屋さんのブログになってきました。
趣味である音楽やDJ・は、!stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。また読書も好きで、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitter・Youtubeも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です