【着物初心者に送る着物手入れアドバイス】着物を着た後は、うちに丸投げで簡単☆

弊店の本店は、布施弥七京染店。
弥七というのは、創業者の方のお名前で
そもそも染屋さんを生業にして仕事をはじめました。
だからうちは今でも、悉皆(しっかい)が多いんです


10代目と9代目女将の写真です

こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店・やしち屋の専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。

洋服の場合だと、気軽に選択したり
クリーニングに出したり出来ますが
着物の場合は、どう手入れしたらいいか
わからないですよね〜

かくいう弥七は
もともとが染屋さんなので
そういうテクニカルなお仕事が
大の得意分野だったりします。

着物屋さんに出すお手入れ項目は

着物を着た後は、色々面倒なので、
お手入れ一式をおまかせしたほうが楽です。

うちの場合は、きちんと見積もりしてから
お客様の同意をもらってお仕事しますので
とんでもなく高い金額になることもなく
とっても安心です。

さて、着た後のお手入れ項目は

1 しみ抜き

2 汗抜き

3 しわプレス

といった所です。
また、長年に渡り付いた汚れの変色やカビは
非常に手間とお金がかかるようになるので
着物を着たあとのお手入れは
非常に重要です。

また、うちの店の場合は
お持ちの着物を仕立て直ししたり
お持ちの着物を染め替えたりと
リフォームのような仕事も多くあります。

今回は、染め替えに関する動画です。

着物を着るのがわからないとか
きものは面倒だとか
億劫なんですとか
そういうのは、もううちが
みんなまとめて取っ払います

どんどんゆかたを楽しんでほしいのです

皆さんのきもの記念日を全力で応援します
着物の場合は、お気軽にお申し付け下さい
スタッフ全員、いつでもお教えいたしますよ☆

 

====================
こちらは 山形で一番思い出に残る
きもの記念日をお届けするきもの専門店の
名物専務がお送りする、きものあれこれブログです
====================

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
http://mag.kimonokinenbi.com/2018/06/11/611/
主に着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。ブログは2008年からスタートしており、合計4000記事超えで毎日更新中。ココ2年ほどは、ようやくまともな着物屋さんのブログになってきました。
趣味である音楽やDJ・は、!stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。また読書も好きで、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitter・Youtubeも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です