山形駅前活性化に向けて

突然ですが、山形駅前の十字屋さんが撤退します。
非常に残念ですが、素晴らしい経営判断だと思います。
なかなか思い切って閉店できないものです。

そんな中で、当方山交ビルでも、思案のしどころです。
山交ビル自体がどうのこうのというレベルでものを見ていたら
もう、何にも変化が起きない世の中です。

局所的なものの見方で通じたのはバブル前まで。
もう、包括的に、構造的にガタがきてるんだから

「自分の店だけ賑わう」

なんていう時代じゃないんです。
だからこそ、商店街という概念が大事何でしょうけどね。

なので、今回わたくし、全く自分の利害にあまり関係ないのですが、
山形駅前活性化の企画を立案しました。

これをなんと!山交ビルに入っているMIプラザさんと一緒に企画しました。

「は!?なんで着物屋が、そんな事するの!?」って話ですよね(笑)。実は前々からMIプラザさんの営業統括部担当長さんとは、何かしようという話になってまして。ただお互いの強みを十分に発揮できる企画が分からずに、ちっちゃいジョイントしかできませんでしたが、今回こんな風に三角形を組んで

1「山形の伝統産業」で

2「駅前中心市街地」にて

3「駅前住民&山形市民&県内外バス利用者」に向けて、

毎月数日間を設定して、定期的にイベントを開催していこうと思います。

このイベント開催を通じて、駅前商店街や中心市街地が、「和菓子、こけし、刃物、和傘、さしもの、仏壇、美味しい食」など山形の伝統産業実演披露により、地域周辺住民や地域近隣の小学生・公共交通機関利用者に向けて、地域資源の素晴らしさと新しい価値をお届けすれば、今までにない賑わいを作る事が出来るのではと感じています。

今週の22日金曜日、市役所の6階に、仙台三越営業統括担当長さんと一緒に行ってきます。つまり

企画書持って、市役所の6階さ、行ってくっぞ〜い

つきましては、山形市に後押ししてもらい、このイベントの運営に協力して頂きたいと願っています。資金面の協力じゃなく、行政としての後押しをしてもらいたいんだなぁ〜。今度の市役所訪問が、非常に実りある者になりますように☆

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。
趣味である音楽やDJは、1stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。
着物の動画も多数放出中で、山形の着物屋さんで最も有名なyoutuber着物屋さん。着物初心者に向け他ものや、着物のお手入れについて、着物の HOW TO動画を多数あげていますので、「布施弥七京染店 動画」で検索してみてください。
読書は、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitterも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です