【着物初心者さんにお誉め頂きました】「親切なお店」と、初めてのお客様から。嬉しかったわ〜〜☆

本日から山交ビルやしち屋ファイナルセールです。

おかげさまで3年半お世話になった山交ビルやしち屋が、今月29日をもちまして営業終了し、若葉町の本店に移ります。つきましては、この場所での最後の展示会を、25日よりスタート。
そこで今日早速たくさんお客様にご来場頂きましたが、嬉しい来店動機を聞いて、ブログを書いた甲斐がありました。

今日は初めてご来店頂いたお客様の言葉を紹介します。

「山形に色んな着物屋さんがあるけど、着物を着るということについては、一番親切な店かと思い来てみました」

本日ご来店いただいたお客様から、大変嬉しい言葉を頂戴しました。

お店に入るや否や、店内の小物をなんとなくご覧になられてました。お店の中に入ってきてすぐに声をかけると、随分うるさい着物やだなーと煙たがられるので(笑)すぐにはお声がけしませんでした。ひとしきりご覧になられた後、「何かお探しのものはありますか?」と声をかけたら、お客様は第一声

「別に何が欲しいというわけではないんですが」

という言葉を出されました。きっと近くを通ったか、今日の折り込みチラシを見たか、お気軽お気楽な感じかと思いきや、二の句で出たのが先ほどの言葉です。

Web で検索をして、山形宿の着物屋さんについて色々調べられたようです。着物という商品を売っている店はいろいろありましたが、着物を着るということ、そして着物を着て出かけるということ、この部分について親切にアドバイスしてくれる店はないかと思っていろいろ検索した結果、このブログに到着してご来店いただいたようです。

個人的に、私のブログを読んでくれてるのは、と私の友達ばかりだと思っていた節もあり、今回このようなご来店を頂いて、とっても嬉しく感じました。

「山形の一番親切なのは布施さんかなと思い店に来てみました。」とお客様からの言葉。

私自身最近よく感じることがあります。

自分が知らないことを尋ねたり聞いたりする時、全く知らない人に聞くことは大きな抵抗を感じます。ある程度自分が知識があることだとすれば問題ないのですが、自分の経験値が全くないものに関しては、 出来る限り身近な人から聞きたいものです。

でも身近な人に聞けない場合は、知り合いが勧める人だったり、任せて安心な信頼のおける人が聞きたいものです。殊の外着物に関して言えば、自分の周りに詳しい人がいない場合が多いわけで。だからこそ、着物屋さんは売るだけで無い、コンシェルジュ的な立場でいることがひ必要とされている気がします

今回のお客様は、私のブログを読んで「この人なら大丈夫かな」ということでご来店いただきました。着物ビギナーにとってはやっぱり、初めて入る着物屋さんって、なんか怖いもんね。とってもいい加減な私のブログを読んでいただいてそんなふうに感じて頂けるなんて、私も驚愕した次第です(笑)でも実際にお客様といろいろ話をしてみると、とある所でとある商品を購入され、まだお召しになっていないとのこと。ここで僕がする仕事は、売ることではありません。はい、勘のいい人ならお気づきかと思います。

布施弥七京染店では、毎月一回、お客様と着物を着て楽しむ機会を作っています。

浴衣を着たことがある人は意外に多いはず。だけどカジュアルに着物を着たことがある人は、結構少ないです。山形市の場合は、振袖を着たことがある人は多いはず。でも着物を着たことがある人は少ない。フォーマルの席で着物を着ることはあっても、映画、女子会、お食事など、自分自身のカジュアルシーンで着物を着ていたことがある人はさらに少ない。うちの努力不足なのですが、やはり気軽に着物を着る人を増やしたいと思うわけです。だからこそ月に一回は、うちのお客様&他店のお客様に向けて着物を着る機会を作っています。おかげさまで、結構楽しいんですよ(^_^)

さてこのお客様には、販売することより先に、今お持ちのものを着てもらうことが先決だと思いました。 ということで来月に開催されるこちらのイベントをお勧めしました。お話申し上げましたら案の定、「 いよいよ着物デビュー、ドキドキしますが楽しみです」とおっしゃっていただき、来月若葉町の本店で着付けをしてから会場に向かうことになりました。私も自分のことのように嬉しいです(笑)

店においでいただいて、仕立て上がりの化繊の着物お気に召されて、特別価格の1000円でお買い求め頂きました。 大事なことはお客様に着物を着てもらうこととか言いながら、売っちゃってるし汗、ごめんちゃい。

ということで、一緒に着物を着て、このコンサートに行く人募集!

昨年末には、山形交響楽団の西濱GMも着物を着てのコンサートとなりました。さすが山形交響楽団!日本でも珍しい企画をする、素晴らしい交響楽団ですね。

来月8日のコンサートに興味のある方は、ぜひ弊店か山形交響楽団さん事務局にお問い合わせくださいませ。

セールは、29日までやしち屋山交ビル店にて開催です☆

 

来場予約

====================
こちらは 山形で一番思い出に残る
きもの記念日をお届けするきもの専門店の
名物専務がお送りする、きものあれこれブログです
====================

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。
趣味である音楽やDJは、1stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。
着物の動画も多数放出中で、山形の着物屋さんで最も有名なyoutuber着物屋さん。着物初心者に向け他ものや、着物のお手入れについて、着物の HOW TO動画を多数あげていますので、「布施弥七京染店 動画」で検索してみてください。
読書は、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitterも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です