【着物初心者に送る着物のお手入れブログ】意外に知られていない☆丸洗いとしみ抜きの違いって何?

最近よくこの質問をもらいます。

振袖着用後のお手入れを預かる際に、この質問をよくいただきます。
平たい話、ワイシャツで言うところの普通の衿そで汚れが丸洗い。
きつい衿の油や、カレーうどんのシミみたいなが、しみ抜きじゃないと取れません。

今回は、丸洗いとしみ抜きの違いです

こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店の専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。

着物屋さんでお手入れを出していただく場合、一般には染み抜きという作業になります。汚れた部分だけをお手入れするという方法です。

丸洗いという方法は、俗にいうドライクリーニングです。全体的に汚れをさらっと洗う感じです。

例えば、お出かけしてきて食事をしたとします。カレーうどんを食べてポツンと飛んだカレーの後は、丸洗いでは落ちません。これは染み抜きの領域に入ります。 お出かけしてついた、袖口や襟のさらっとした汚れは、丸洗いで落とすことができます。

着物を着たあとの手順は

実際には着物を着た後に衣紋掛けにかけてみて、どれくらい汚れているかでお手入れ方法が変わると思います。分からない場合は、専門店にお出しいただければ安心だと思います。また着物のお手入れに関しては、汚れた時から時間を経過しないでお手入れしてもらった方が、経費がかからず落とすことができますので、なるべく早くお手入れしてもらうことをお勧めします。

着物着用後のチェック☆動画☆

日常的に着物を着る人であれば問題ありませんが、世間一般的に8割から9割の方は滅多に着物を着ません。次その着物を着る機会が3ヶ月以上先であれば、次に着用する時のためにきちんとお手入れしておく方が良いかと思います。

着物の手入れが面倒くさいなと思った場合は、全てを着物屋さんに任せるのが一番楽です。最も一番簡単な方法は、着物を脱ぐとき、着物屋さんで脱ぐことです。脱いだ後の着物そして長襦袢をご覧いただいて、お手入れが必要な場合は着物屋さんに任せる。それ以外の小物は自分で家に持って帰る。それが一番簡単な方法でしょうかね。 

皆さんの素敵な思い出つくりのために
ちょっとでも思い出つくりに寄与できれば嬉しいです。

====================
こちらは 山形で一番思い出に残る
きもの記念日をお届けするきもの専門店の
名物専務がお送りする、きものあれこれブログです
====================

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
http://mag.kimonokinenbi.com/2018/06/11/611/
主に着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。ブログは2008年からスタートしており、合計4000記事超えで毎日更新中。ココ2年ほどは、ようやくまともな着物屋さんのブログになってきました。
趣味である音楽やDJ・は、!stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。また読書も好きで、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitter・Youtubeも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です