【祝合格・花咲か煎】これで合格に拍車をかける☆受験生を応援するお菓子!

ピョンチャンオリンピック出場選手の皆さん、本当にお疲れ様。感動をありがとう☆そして今度は、パラリンピックと勉学に励む学生を、心から応援します

今年は例年にない早いスケジュールでセンター試験が行われました。
そして、今からは私立高校受験。そして昨日のセンター2nd。
さらには、3月10日の高校入試と、熱い冬ですね。

山形の受験生を応援する老舗コラボ和菓子「花咲かせん」

こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店・やしち屋の専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。

この冬はいつもよりもインフルエンザが蔓延し受験を控えるご家族様にとってはナーバスな環境になっているかと思いますが、夢を目指して勉強される学生さん、あと少しの頑張りで住んで夢に向かって突き進んでください。さて今日は、山形の老舗お菓子屋さんと一緒に作った、受験生応援和菓子の紹介です。

老舗のせがれ二人が、タッグを組んだコラボ和菓子!

昨年の末、乃し梅本舗佐藤屋の8代目が、新しい乃し梅の商品を作ったことを新聞で知りました。その名も乃し梅〜る。地元でも有名な和菓子を、郵便として送れる画期的な商品です。昔ながらの感性と、現在の生活様式に合わせたとても素晴らしいコラボ商品だと感じました。

そんな中、当店では高校3年生のお嬢様に向けて、2年も先の振袖の営業活動を開催しています。高校3年生のお嬢様の中にはすでに進路が決まった方も多く、自動車学校夜入学式のスーツ、そして振袖を決める方がいらっしゃいます。

ですがセンター試験を始め、まだ希望進路先の試験を終えていない方にとっては、振袖の案内など毛頭必要がなく、私どもも非常に気後れしながらお知らせをお渡しさせて頂いております。ですから例年、センター試験前になるといつもお話しさせていただいてるお客様へ、心ばかりですが「受験勉強用のおやつとして」合格祈願したお菓子をお届けしていました。お届けしていたのは非常に一般的なお菓子で、 語呂合わせにもぴったりのキットカット。全国的にもこの時期には、 KitKat が非常に売れ行きが良いそうです。ですが乃し梅〜るを作った8代目なら、と山形らしい受験合格祈願お菓子ができると思い、早速相談してみました。

前々から私と8代目が知り合いだったということもあり、この件を相談したら一発で快諾。お正月の新年早々、初売りの商品で忙しい中、新しい商品開発に取り組んでいただきました。ベースとなったのは、佐藤屋さんの主力商品である、乃し梅。まゆはきのように優しく包み、受験勉強の合間気分転換して頂けるようなお菓子が完成しました。そしてネーミングも、受験生にとって非常に縁起のいいものが出来上がりました。

【花咲か煎(はなさかせん)】

【花咲か煎(はなさかせん)】
知恵の神様として信仰される天神様(菅原道真公)の梅を描いた合格祈願の絵馬は、五角形を合格とかけた形に。日頃の努力を花咲かせんと、試験に臨む皆様に、良い報せが届くようにと願いを込めて、布弥七京染店と乃し梅本舗佐藤屋のコラボ企画。ベースとなるのは、佐藤屋の銘菓「まゆはき」。米粉で作るふ焼き種の間に、梅羊羹を挟んださっぱりとした味で、試験に臨む気持ちをすっきりさせる効果もあり、山形で受験を控える方を応援する定番縁起品にと気持ちを込めて送ります

山形でこういった商品が作られることは初めてで、センター試験前だったということもあり、新聞やテレビでも取り上げられ、山形の受験生を応援するお菓子として、産声をあげました。

なんで着物屋さんが、こんな和菓子作りをするの?と、不思議がる方もいるかもしれません。ですが弥七の仕事は、思い出作りのお手伝い。 お客様に振袖だけでなく、ご縁いただくまでの過程も想い出づくりだと当店では思っております。ですから画一的なキットカットを配るのも悪くないですが、地元にある着物専門店としては山形にちなんだ、縁起のいいお菓子があればベスト中のベストだと思い、受験を控えるお客様にお配りさせていただきました。おかげさまで、反応は非常に素晴らしく、時間のない中商品開発していただいた八代目には本当にありがたいご報告ができます。

全国のネットニュースでも話題になりました

そして先日は、花咲か煎だけでなく山形県内の受験関連商品が、一挙掲載の新聞記事もありました。こうしてみると、結構色んな商品があるんですね〜。いよいよ公立高校受験ですから、ぜひ受験生の皆さんには実力を出し切って欲しいです。

山形の最後の事件は、3月の公立高校入試です。それまで佐藤屋さんの店頭にて、合格祈願お菓子が発売されますので、店頭でお確かめください。 受験を目指して勉強に励む学生さんを、弥七ではこれより応援します☆。

====================
こちらは 山形で一番思い出に残る
きもの記念日をお届けするきもの専門店の
名物専務がお送りする、きものあれこれブログです
====================

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やしち屋山交ビル店
〒990-0039 山形市香澄町3-2-1 023-665-4873
やしち屋フェイスブックページはコチラ
やしち屋ツイッターはコチラから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
http://mag.kimonokinenbi.com/2018/06/11/611/
主に着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。ブログは2008年からスタートしており、合計4000記事超えで毎日更新中。ココ2年ほどは、ようやくまともな着物屋さんのブログになってきました。
趣味である音楽やDJ・は、!stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。また読書も好きで、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitter・Youtubeも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です