着物初心者が着物を着る際の代表的な質問!これがトップ3だ!

最近は卒業式にて着物を着た方のご来店が非常に増えています。

3月末は、やはり卒業式関連のご来店が増えますね〜
また、来月の入学式に向けてのお問い合わせも増加中。
年々着物を着ようという方が増えてきてて本当に嬉しいです

こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店の専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。

今年の卒業式も、沢山のお手伝いをさせていただき
本当に皆さんに感謝申し上げます。
つどつど色々とご質問頂きますが
代表的な質問をまとめてみました。

着物を着る場合、こんな質問が増えてますね〜

1 着付けに用意する物

2 着付け

3 お手入れ

着物を着た際の

4 所作

5 TPO

あたりが代表的な質問になります。
所作だったりTPOは、また別の機会にしっかりとお伝えするとして
今回は1〜3についてお話ししようと思います。

1に関しては

こんな持ち物になると思われます。でも文字だと何が何だかよくわからないわ!?という声も聞きますので、一緒に小物が分かる動画も付けたいと思います。

2に関してですが

ご自分で着物を着ることが出来る方は
非常にレアですので、入卒に着物を着る場合
9割型の方は、着付けをどなたかに頼むと思われます。
訪問着の場合は
一回の着付けがだいたい山形相場で5000円位
地域によって異なることも有りますが
うちの店も、この金額です。
また、着物をお召しになる場合は、二週間前くらいまでに
着付けの予約をしてもらえれば、予約先でも喜ばれると思います。
今日の明日みたいなご用命は、着付けの先生を驚かせますので
なるべく早めに予約しましょう。

3に関して

着物を着た後のお手入れです
 私が皆さんによくお伝えするのは

「向こう三ヶ月着物を着ないのでしたら、一度お手入れして下さい」

と、お伝えしております。

着物のお手入れについては、布施弥七京染店の動画でも何度か説明していますが、着用後汗を飛ばすために1日程度陰干ししていただいて、目立った汚れがないかどうか確認してもらいます。注意したい点としては、袖口、えり、裾、帯を結んだと周りのシワ、あたりです。

着物を着た後のお手入れをしっかりしておけば、次に着物を着る時も安心です。逆に言えば、着用後のお手入れをおろそかにしてしまうと、その次に着物を着る時にえらくひどい目にあってしまうことがあります。開けてびっくりにならないように、早めの対処をお勧めしています。

山形市若葉町にあります布施弥七京染店では
いつもお手入れを受け付けておりますので
ご遠慮なくお申し付け下さい。
また来月は特にお得な月です

4月はお手入れのキャンペーンを開催

今回はお手入れ月間を設けます。
気になる商品は、無料で見積します。
とってもお得でリーズナブルにお手入れできる機会です。
ぜひオススメですよ〜〜☆

4月14日からは、私が京都から山形にお邪魔しますよ〜

「わたし、お客様に親切なんで(米倉涼子風に)」で有名な着物ブラックジャックが布施弥七京染店へ登場!テクニカルなお仕事がお得意のブラックジャックです。着物に関するどんなご相談にも、細かく丁寧に対応してくれるので、本当にファンが多いんです。テクニカルなお手入れや、困った案件も無料でご相談受付&無料見積りします。

この機会にご来場して、着物に関するお悩みをすっきりさせてください☆
来場お申込みは、コチラからどうぞ(^^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
来場予約
皆さんの素敵な思い出つくりのために
ちょっとでも思い出つくりに寄与できれば嬉しいです。

====================
こちらは 山形で一番思い出に残る
きもの記念日をお届けするきもの専門店の
名物専務がお送りする、きものあれこれブログです
====================

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
http://mag.kimonokinenbi.com/2018/06/11/611/
主に着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。ブログは2008年からスタートしており、合計4000記事超えで毎日更新中。ココ2年ほどは、ようやくまともな着物屋さんのブログになってきました。
趣味である音楽やDJ・は、!stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。また読書も好きで、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitter・Youtubeも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です