今年度から山形市役所内での制服を、着物にすることに決定してもらいました。

「日本で初めて!山形市役所内での制服が、着物姿に決定しました」

先日山形の佐藤市長とお会いした際に、今年度から山形市役所内での制服を、着物にすることに決定してもらいました。理由は山形市が城下町文化を色濃く残す、歴史ある街だからです。これで文翔館の矢絣袴姿と一緒に、山形を県外に強くアピールする材料ができたと、とても嬉しく思っています。着物が制服になったら、完全に着物の染み抜き屋さんが忙しくなりますね〜。もちろん私布施弥七京染店もとってもいいかんじで忙しくなります。さすが山形市の佐藤市長!!決定をしてくれましたありがとうございます☆

こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店の専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。

今日は4月1日ということで、山形市役所が公務員の制服を着物にしたことを朝からお知らせさせてもらいます。いやーありがたいなぁ〜。こういうお知らせを毎年できたら、本当に嬉しいですね〜!そう、今日は4月1日!午前中だけはこういう事言っていいらしいんで書いてみました(笑)

はい、エイプリルフール(笑)
起源はどこにあるんでしょうね〜〜!?

エイプリルフール英語April Fools’ Day)とは、毎年4月1日にはをついても良いという風習のことである。4月1日の正午までに限るとも言い伝えられている[1][2]。英語の “April fool” は、4月に騙された人を指す。

エイプリルフールは、日本語では直訳で「四月馬鹿[3]漢語的表現では「万愚節」、中国語では「愚人節」、フランス語では「プワソン・ダヴリル」(Poisson d’avril, 四月の魚)と呼ばれる

起源ははっきりしませんね〜
わらえるうそ、たのしいうそ、おもしろいうそ
今朝は、そんなのが沢山ありますね〜


さて今日は、久しぶりに開けた長襦袢が、白からクリーム色に変色していた時の対処法をお知らせします。

長襦袢が黄色っぽく変色してしまいました。コレって白く治るの!?

本来着物の糸は絹を使っています。天然のものですから、繭から糸にした状態でも生きているわけです。天然の絹ですから、時間の経過とともに若干生成り色に変色していきます。本物の天然の絹の証でもあるわけですが、元々白かったシルクの糸が左に変色した場合の対処法をお知らせします。

最近はシルクの糸に、経年劣化で黄色に変色しないよう、美白加工のようなものが施されているものが多くなっていますが、30年前の長襦袢などですとまだその加工が施されていない場合が多いです。経年劣化で時間とともに、白いシルクの糸が生成り色に変色していきます。冒頭に書いたように、天然のシルクの証でもあるわけです。長襦袢は本来外に見えないように、中に着るものですから気にしないと言えば気にならないのですが、やはり着付けの時にあまりにもきなり色に変色した長襦袢は、ちょっと恥ずかしいですよね。

昔は解いて、脱色して洗い張りをしなくてはいけませんでしたが、最近では薬の技術もだいぶ進歩して、仕立て上がったままの状態で脱色をすることができます。タンスを開けて生成り色に変色している長襦袢おもちの方は、ぜひこの機会に一度ご相談下さい。

今回はお手入れ月間を設けます。
気になる商品は、無料で見積します。
とってもお得でリーズナブルにお手入れできる機会です。
ぜひオススメですよ〜〜☆

4月14日からは、私が京都から山形にお邪魔しますよ〜

「わたし、お客様に親切なんで(米倉涼子風に)」で有名な着物ブラックジャックが布施弥七京染店へ登場!テクニカルなお仕事がお得意のブラックジャックです。着物に関するどんなご相談にも、細かく丁寧に対応してくれるので、本当にファンが多いんです。テクニカルなお手入れや、困った案件も無料でご相談受付&無料見積りします。

この機会にご来場して、着物に関するお悩みをすっきりさせてください☆
来場お申込みは、コチラからどうぞ(^^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
来場予約
皆さんの素敵な思い出つくりのために
ちょっとでも思い出つくりに寄与できれば嬉しいです。

====================
こちらは 山形で一番思い出に残る
きもの記念日をお届けするきもの専門店の
名物専務がお送りする、きものあれこれブログです
====================

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。
趣味である音楽やDJは、1stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。
着物の動画も多数放出中で、山形の着物屋さんで最も有名なyoutuber着物屋さん。着物初心者に向け他ものや、着物のお手入れについて、着物の HOW TO動画を多数あげていますので、「布施弥七京染店 動画」で検索してみてください。
読書は、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitterも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です