2018山形市の桜スポットをご紹介

今年、山形市の桜はすご〜〜く駆け足!

今年の桜は、すご〜〜〜く早い!
冬の寒さが今まで以上だったから、今年の桜の開花を4月の25日位かと予想していました専務です。正直今年の冬は本当に寒かった。だからこそ雪國の皆は、春の声を嬉しく感じるんだけどね。本日4月10日時点での桜の状況をお伝えしようと思います。

2018・山形市の桜レポートをご紹介(4/10)

こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店の専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。

コチラは山形市の名物・大鍋芋煮鍋が鎮座している馬見ヶ崎川の脇にある桜。
山形市内では、ここの桜をランニングがてらで毎年レポートしてくれる近藤さんという有名人が居ます
非常に独特な言い回しで色んなレポートしてくれるので、ファンが多いです。
って事で、真似した写真がコチラ(3月31日時点)

んで本家のレポートがコチラ(4月10日)

今年の桜をご紹介していきます。


山形で最も早い桜ポイント@あぢやま醤油さん(山形市八日町)


私の実家付近にある地元の醤油屋さんで、毎年一番早く桜の知らせをくれる場所です。地面がコンクリなことと日当たりが良いこととが相まって市内で一番早く桜が咲き、この桜が咲くと地元のテレビ局がこぞって開花をお知らせする、早咲きの標本木といった所です。例年は4・10頃に満開になるのですが、写真は4月1日時点のもの。驚くほどに早いよね〜〜 ☆

有名老舗料亭の桜@千歳館さん(山形市七日町)

山形市は城下町文化の色濃く残る、歴史ある町並みです。山形には未だに料亭文化も残っており、文化度の高さを伺わせます。その老舗料亭の中でも、こちらの桜は本当にきれいです。お伺いしたのは3月30日。まだ桜は咲いてなかったので、玄関からの入り口の風景をお伝えします。

所在地: 〒990-0042 山形県山形市七日町4丁目9−2 

山形の重要文化財で、旧県庁である文翔館(山形市七日町)

コチラは山形の観光名所である文翔館。ここの枝垂れ桜は色濃くって、綺麗です。

「文翔館」(旧県庁舎及び県会議事堂)は、大正5年に建てられた英国近世復興様式のレンガ造りの建物です。大正初期の洋風建築を代表する貴重な遺構として、昭和59年、国の重要文化財に指定されました。昭和61年から10年の歳月をかけて保存修復工事が行われ、現在は、山形県郷土館「文翔館」として一般に無料公開されています。

創建当時の工法をもとに忠実に復原された建物や豪華な内装は、大正の古き良き時代の薫りを今に伝え、館内には、復原の記録とともに山形の歴史・文化を紹介する展示室も設けられています。どなたでも自由に見学することができます。また、希望の方にはガイドボランティアがご案内します。

所在地: 〒990-0047 山形県山形市旅篭町3丁目4番51号

山形で最も有名な枝垂れ桜@光禅寺さん(山形市鉄砲町)

最上義光をはじめとする最上家三代の菩提寺として、観光名所になている場所です。中でもこの桜の時期は、特にお客様が増えてきます。

山形市民にとって、この最上義光という方は、非常にメジャーで尊敬されている出羽国山形の大名です。その菩提寺ということもあり認知度も高く、桜の時期は訪れる方で溢れかえります。
  
所在地: 〒990-2492 山形県山形市鉄砲町2丁目5−7

山形で最も人気ある桜スポットがこちら霞城公園(山形市霞城町)

霞城公園は、市街地のほぼ中央に位置する山形城跡を整備した都市公園です。
延文元年(1356)に羽州探題として山形に入部した斯波兼頼(最上家初代)が築城したのが始まりと伝えられ、現在の城郭は第11代城主最上義光(1546~1614)が築いたものが原型とされています。本丸・二ノ丸・三ノ丸の三重の堀と土塁で囲まれた、全国有数の規模を持つ輪郭式の平城で、出羽の関ヶ原合戦「長谷堂合戦」で城郭が霞で隠れて見えなかったことから「霞ケ城」とも呼ばれていました。
こちらのお堀端に咲く桜は、本当に圧巻の一言!本日のお堀端は、まだ3部咲きから4部咲きといった程度でしょうか。それでも、青空とのコントラストは最高です

講演の中とお堀端あわせて、約1,500本の桜が咲き誇る山形市随一の桜の名所です。櫓の白壁が、より一層青空を際立たせますね。開花時期に合わせて、東から南濠沿いの桜がライトアップされ、公園内外で夜桜を楽しむことができる最高のスポットです。

きっと今週末にはこの霞城公園もピークになると思われます。
お堀端に線路があり電車が走るのですが、この時期は電車も徐行運転してくれる演出☆山形の桜をちょっとだけおすそわけ☆ 

所在地: 〒990-0826 山形県 山形市霞城町1番7号

きっと皆さんお住いの場所にも色んな桜が咲くと思います。日本人にとって、桜の存在はどんな華よりも別格です。特に雪國にとっては、厳しい冬からの開放を告げる華でもあるので、本当に多くの皆さんが待ちわびています。例年にないほど早い今年の桜。今朝ほど一眼レフ持参で写真を撮ってきてみました。観光地の桜もいいけど、あじやま醤油さんとか、地元の桜も大好きだなあ〜

最後にお届けするのは、僕の出身小学校の桜。実は当時、生徒会長という立場にもあり、思い出が色濃く残る小学校なわけで。当時とは桜の本数が大分変わってしましましたが、今もなおこうやって、桜を見ることが出来て嬉しいです。今からあと何回こうやって桜を見ることが出来るんだろうと思うと、もっともっと自分のやるべきことをフォーカスしないとなぁって感じますね〜〜、、、がんばれオレ!(笑)こういう思い出の詰まった場所の桜というのも、本当に感慨深いです。

皆さんにとっても、きっと思い出の桜が多いかと思います。日本人の心のような華ですね☆
今週末が桜ピーク!そして、お花見の帰りには、コチラによってみてくださ〜〜い☆

奄美大島「どん」

来場予約

====================

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です