振袖の写真撮影会レポートです☆いい笑顔が集まっていますね〜☆

布施弥七京染店では、着物を通して最高の思い出をお手伝いしています

こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店の専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。
布施弥七京染店では毎年振袖の写真撮影会を開催していますが、おかげさまで皆さんの素敵な笑顔が大集合します。色んな着物屋さんの撮影会がありますが、手前味噌ながらうちの撮影会は「ご家族様のほんわか度合い山形ナンバーワン!」だと自負しています。スタジオ写真はもちろんですが、日本庭園やお茶室での撮影も可能と、自慢の撮影会です。そこで撮影されました写真を紹介したいと思います。

家族ショットも布施弥七京染店ならでは☆


撮影会をすると、家族写真撮影確率が非常に高い布施弥七京染店です。これってとっても珍しい現象だと思うのですが、布施弥七京染店の場合は8割以上の方が家族で撮影されます。かっちり目の硬い写真は、プロの方が撮影してくれるので、布施弥七京染店のカメラではこんな風にゆるいの撮ってます。じつは私、こういうゆるいのが好きなんで、撮影チームに無理言って時間もらって撮影します☆

おきまりの二十歳ポーズ☆


こちらは布施弥七京染店定番の二十歳ショット。撮影の時って、実はあまり小道具を使いません。
753だと沢山使うんでしょうけど、成人式の振袖写真にはあまり使いませんが、このショットは別 ^ ^ とってもいい感じの、布施弥七京染店定番ショットです。こちらは同窓生のお嬢様。かわい〜な〜☆なんか、同窓生の子供さんが成人するって、親戚のお嬢様が成人するような感じです(笑)

かわいい三姉妹さんの登場です☆


こうやって、家族揃って振袖写真撮影をしてくださることがとっても嬉しいのですが、姉妹さんのショットはさらに嬉しさ倍増です☆こちらは三姉妹のお姉さんが成人☆妹さんたちもあと数年で、振袖の写真を撮るんだよ〜〜 ^ ^

こちらは動画で見る、撮影会の風景


撮影会を体験したお嬢様の感想をインタビュー


こんな風に、お客様の思い出つくりを楽しませてもらっていて、本当に嬉しいです。こんな気持でお客様とご一緒させて頂き、おかげさまで長い間お振袖のお手伝いをさせていただいている、地元の着物専門店です。山形で成人式をする方には、心からおすすめするオンリーワンの振袖専門店です。ご来場予約はこちらからどうぞ☆

振袖専門店・山形きもの記念日

皆さんの素敵な思い出つくりのために
ちょっとでも思い出つくりに寄与できれば嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

布施弥七京染店
〒990-2495 山形市若葉町4-6 023-622-6317

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
きものクリニック
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
http://mag.kimonokinenbi.com/2018/06/11/611/
主に着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。ブログは2008年からスタートしており、合計4000記事超えで毎日更新中。ココ2年ほどは、ようやくまともな着物屋さんのブログになってきました。
趣味である音楽やDJ・は、!stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。また読書も好きで、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitter・Youtubeも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です