本庶氏にノーベル賞授与2018☆妻と和服で出席。そして山形とノーベル賞の関係。

今朝はとてもおめでたいニュースが飛び込んできました!日本人として2018年のノーベル賞を受賞された、本庶先生が本日未明に授賞式と晩餐会に出席された模様を、産経新聞さんの記事で拝見しました。

ほんじょう先生が、着物姿で受賞する様子(産経新聞さんのリンクです)

【ストックホルム=宇山友明】2018年のノーベル賞の授賞式が10日午後(日本時間11日未明)、スウェーデンの首都、ストックホルムで開かれる。がん免疫療法で新たながん治療の原理を確立したとして、医学・生理学賞に輝いた京都大特別教授の本庶佑(ほんじょ・たすく)さん(76)が出席。カール16世グスタフ国王からメダルと賞状を受け取る。

https://www.sankei.com/life/news/181211/lif1812110002-n1.html

 本庶さんは「日本で研究してきた」との思いを込め、ホテルで和服に着替え、妻の滋子さん(76)と会場へ向かった。

産経新聞さんの記事よりhttps://goo.gl/images/bm15Ft

いつも布施弥七京染店のブログをご覧頂きありがとうございます。こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする布施弥七京染店 専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。今回の吉報に花を添えるかのような素晴らしい着物姿、本当に素晴らしいの一言です。

黒紋付に白衿の長襦袢。そして白の伊達衿も

長襦袢の半襟が白だけだとこんな感じです

日本人として最高レベルの礼装を表す男性の黒紋付。洋服で言う所の燕尾服に相当する、最上級のドレスコードです。また長襦袢の半襟の色でも礼装の度合いが変わります。色の半襟よりも、白の半襟の方が礼装度が上がります。そして、今年の羽生さん国民栄誉賞の時もそうでしたが、白の伊達衿をつけて着付けしておられます。

これは留袖の比翼仕立てが持つ意味合いのようなもので、「祝いを重ねる」という意味合いから、白羽二重の下着を重ねて着る事を白伊達衿で出されていると思われます。

奥さんの訪問着も、ごっつい素晴らしい逸品です

この写真だけから推測すると、帯の写真はちょっと判別出来ませんが、着物は京都の「某有名染屋さんさん」の逸品だと思われます。すごいですよね〜☆ここまで風格抜群な訪問着は、久しぶりに拝見しました☆

日本人としての姿勢や思いを海外で発信する際に、着物姿の力というのは、本当に大きいと思いました。また、ノーベル賞と山形の関係で言えば、ノーベル賞授賞式で入場時に使われる旗が「米沢の嵐田織物」さんにて、復元されました。


伊豆にお住いの織物作家であるひらさわ先生から、100年前の野蚕糸による北欧の織物を、米沢織の技術で復元!まさかここ山形で、ノーベルに関わる商品があったとは、本当に素晴らしい事ですね〜

====================
こちらは 山形で一番思い出に残る
きもの記念日をお届けするきもの専門店の
名物専務がお送りする、きものあれこれブログです
====================
布施弥七京染店
〒990-2495 山形市若葉町4-6 023-622-6317
布施弥七京染店フェイスブックページはコチラ
布施弥七京染店ツイッターはコチラから

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山形きもの記念日
ホームページはコチラから
着ものがたり
ホームページはこちらから

きものクリニック
ホームページはコチラから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
専務 布施 将英の
個人のフェイスブックページはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者について

名物専務
山形で江戸時代から続く着物専門店の名物専務こと布施 将英。
http://mag.kimonokinenbi.com/2018/06/11/611/
主に着物初心者や、着物を着てみたいけど一歩踏みでない方を後押しできるようなブログを書いています。ブログは2008年からスタートしており、合計4000記事超えで毎日更新中。ココ2年ほどは、ようやくまともな着物屋さんのブログになってきました。
趣味である音楽やDJ・は、!stアルバム好みの音故知新スタイル。また得意な筆ペンで書く「らくがきハガキ」は2011年より毎日投函継続中で、手書きチラシも仕事として制作を請け負っています。また読書も好きで、ビジネス書や偉人伝の他、司馬遼太郎先生フリーク。音楽同様に温故知新の1st好き。一番好きな司馬遼太郎先生の作品は「梟の城」。全般的に「心へ静かに日を灯す」司馬遼太郎先生の文章が好きです。
他にも温泉・スポーツ観戦・ゴルフ・お笑い・山形のラーメン・ハイキューに造詣が深い昭和47年生れで、布施弥七京染店のスポークスマンとして県内外にて活躍。Facebook・Instagram・Twitter・Youtubeも随時発信中で、お客様の美姿と健康と思い出作りをお手伝いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です