富岡義勇さんの羽織に込められた思いと仕立ての言葉

片身→形見という語彙変換

着物の仕立て方でこんな言葉がある。まさしく、#富岡義勇 さんの羽織がその仕立て方。
#錆兎#蔦子 の意思を刻み込むような仕立には、#形見 という意味を超越する。

でもこの仕立て方は、着物の仕立て方として昔から存在する。
着物ならではのお仕立て方、「片身替わり仕立て」は字の通り
体の左右で生地や色などを変えて仕立てるデザインパターン。
通常は二種類の反物を使いますが、
裏表どちらも使って仕立てる場合も。

富岡さんは大切な人の気持ちを
形見として片身替わり仕立てを
羽織に施しました。感動です。

#鬼滅の刃

こちらはあなたの素敵なきもの記念日をお手伝いする
布施弥七京染店・専務 布施 将英(@meibutsu_senmu)のブログです。
最近は山形着物界屈指のyoutuberとしても有名な名物専務がおしらせします。

着物についてのハウツーや
着物初心者が知りたいコンテンツを
お届けしています。

こちらをお届けするのは、布施弥七京染店の専務です

布施弥七京染店
〒990-2495 山形市若葉町4-6 023-622-6317

布施弥七京染店フェイスブックページはコチラ
布施弥七京染店ツイッターはコチラから

布施弥七京染店インスタグラムはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お得なキャンペーンや、着物を着て楽しむイベント情報を、いち早くゲット出来ます


山形きもの記念日
ホームページはコチラから

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です